Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

ビズリーチVR部の活動内容をレポートしてみる

こんにちは!ビズリーチVR部の大城です。

REACH ONE(リーチ ワン)では、「ビズリーチという会社の中身を、もっと色々な方に知ってもらおう」ということで、今回から社内の部活動の様子もお届けしていきます。

ビズリーチには社員の発案で生まれた部活動がたくさんあるのですが、今回は第一弾として、大城から「ビズリーチVR部」の活動をレポートします!


f:id:bizreach:20170221201550j:plain
2月某日、PlayStation VRを購入した社員の家(シェアハウス)にみんなでお邪魔。大城は子連れで参戦(手前右)。

この日はIT総務室に所属する社員の家にVR部の面々でお邪魔し、さまざまなVRゲームを体験してきました。もちろん、中には初めてVRを体験する社員もいました!

そしてこの日の目玉はなんといっても、発売間もないバイオハザードシリーズ最新作「バイオハザード7 レジデント イービル」!

1996年に第一作目が発売されて以来、尋常ではない恐怖感を世界中に撒き散らし続けている、言わずと知れたホラーゲームの金字塔的存在です。ハリウッドで映画化もされている本作品ですが、今回初めてVRとのコラボレーションが実現しました。……いや、これがもう本当に怖いんです。怖すぎるんです。(この記事を書いている人は開始10分でリタイアしました。31歳男性)

「怖いって!」「これ以上は進めないから!」「ムリムリムリムリ!」という悲鳴をあげ続けた30歳手前のコンサルタント(男性)の表情はあまりにも情けなかったので、今回は割愛させていただくとして……、たっぷりVRを満喫する部員たちの一コマをご紹介します。

f:id:bizreach:20170221031122j:plain
初めてVRを体験すると、大体みんなこうなる。

f:id:bizreach:20170221031150j:plain
青白い光の未来感ッ!

f:id:bizreach:20170221031203j:plain
周辺機器もすべて一社員の持ち物です…まるでゲームセンターみたいでした…

f:id:bizreach:20170221031218j:plain
息子もレースゲームを満喫(親バカですいません)

ビズリーチVR部が発足したのは、2016年11月。ビズリーチでは中途入社者に、はじめの4日間をかけてビズリーチの組織・事業・カルチャーなどを深く理解してもらえるよう、各部門長が凝縮した全体研修を行うのですが、この研修期間中にCEOの南とのランチがあります。

その際に、とある社員が「VRに興味ある人いますか?」と聞いたところ、ちらほらと社員の手が挙がり「それじゃVR部作っちゃえば?」という流れから部として発足しました。

ビズリーチVR部には、役員も含めて様々な部門の社員が在籍しており、現在は20数名が所属。 ちなみに今回の企画は、ビズリーチが全社で導入しているビジネス版Facebook「WorkPlace」上での呼びかけにより、開催されました!

f:id:bizreach:20170221031234j:plain
こちらはPlayStation VRを被って恐竜体験できるゲーム。これもまた盛り上がる!

f:id:bizreach:20170221031248j:plain
「VRを使って何ができるか?」といった議題の企画案出しもやってみたり。

今後は、ビズリーチと同じく渋谷にオフィスを構えるVRスタートアップのオフィスにお邪魔してのVR体験やディスカッションなども予定しています!

業務面では普段なかなか接点が持てない社員ともワイワイ楽しめる部活動は、VR部以外にもたくさんあります。引き続きVR部含めて色々な部活動の紹介をしてまいりますので、ぜひご覧ください!

f:id:bizreach:20160823213758j:plain

この記事を書いたメンバー

大城 達矢 / Tatsuya Oshiro


沖縄生まれ、福岡育ち。2015年夏にビズリーチに入社。人工知能やVR/AR、ドローンなどの最先端を追いかける「BizReach Frontier」の企画・運営をはじめ、多方面でのインタビュー、記事執筆を手がける。あだ名は「大吉」「物書き」など。初めて会った人からハーフだと誤解されがちですが、純日本人です。