読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

「MVPが2人」の理由は?全社Kick Off & 表彰式のハイライト

イベント ワークスタイル

こんにちは!広報の午頭(ごとう)です。

今回は、2月3日(金)に開催された2017年度下半期の全社Kick Offと表彰式の様子を、私からお届けさせていただきます!

Kick Off & 全社表彰式について

ビズリーチでは半年に一回、次の半期の戦略共有を行う「Kick Off」、そして課題解決のためにお客様やプロダクトに本気で取り組む仲間を称賛し合う全社表彰式「BIZREACH AWARDS」を開催しています。仲間を称賛しあう文化を大切にするビズリーチではこのイベントを社員数40名の頃から開催しており、今回で11回目の開催です。

私はまだ4回しか参加したことがないのですが、イベントの中身も回を重ねるごとに進化していて、毎回とても楽しみにしています。 ちなみにビズリーチでは8月から新しい年度が始まるため、2月が下半期のスタートにあたり、今回は2017年度の下半期Kick Offです。

今回は八芳園で開催。 Kick Off & 表彰式の日は、仲間への敬意を表して全メンバーが正装で参加することになっているため、会場にも程よい緊張感が漂います。

まずは経営陣の戦略共有プレゼンから!

f:id:bizreach:20170221121803j:plain

Kick Offは、取締役 兼 キャリアカンパニー*1長の多田のプレゼンからスタート!前の半期の戦略おさらい、実績の振り返り、次の半期の戦略について話します。

続いて、取締役CPO 兼インキュベーションカンパニー*2長の竹内のプレゼン。ビズリーチがこれから先、テクノロジーによってどんな未来を実現していくのか、改めて非常にワクワクする内容でした。

そして、代表 南のスピーチ。 次の半期もまた、ビズリーチとして新たなフェーズに挑戦するときです。改めて気が引き締まりました。

*1キャリアカンパニー:主に「ビズリーチ」「careertek(キャリアトレック)」「ビズリーチ・キャンパス」などのサービスを担う部門で構成
*2インキュベーションカンパニー:主に「HRMOS(ハーモス)」「スタンバイ」「BizHint(ビズヒント)」「RegionUp(リージョンアップ)」などのサービスを担う部門で構成


いよいよ「BIZREACH AWARDS」へ!

f:id:bizreach:20170221122121j:plain

会場の空気もがらっと変わり、表彰式が始まりました。
ビズリーチでは毎回のイベント後に社内でアンケートを実施して改善点を洗い出し次回に活かすのですが、賞の種類も毎回少しずつアップデートがあります。


今回の賞の一覧はこちら!

・MVP
・MVT
・最高技術賞
・優秀賞
・優秀チーム賞
・ベストマネージャー賞
・新人賞
・ビズリーチ スピリッツ賞
・ダイレクト・リクルーター賞
・最優秀ダイレクト・リクルーター賞


ここから受賞メンバーの写真を一部、紹介します!

f:id:bizreach:20170221122637j:plain
優秀チーム賞を受賞した、人財採用部 キャリア採用チーム
チーム全員が、クレドにもある「巻き込み、巻き込まれよう」の精神で、改善提案と実行を繰り返し、刻一刻変わり続けるビジネス状況にしなやかに対応。事業成長を支えてくれました。


f:id:bizreach:20170221122804j:plain
ベストマネージャー賞を受賞した三人
ベストマネージャー賞は、素晴らしいリーダーシップと影響力を発揮したマネージャーに贈られる賞。本人達以上に、チームメンバーが喜んでいるのがとても印象的でした。


f:id:bizreach:20170221123002j:plain
ビズリーチ スピリッツ賞を受賞した四人
それぞれ担当する事業もロールも異なるメンバーですが、ビズリーチのクレドを体現し、めざましい活躍でビズリーチを牽引してくれました。


次は、最高技術賞の発表

ここまでくるとBIZREACH AWARDもついに終盤です。この賞は、全社で技術的に最も貢献したエンジニア・デザイナーに贈られる賞です。

最高技術賞は・・・

f:id:bizreach:20170223100217j:plain
戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」 の開発を手掛けるエンジニア、北川が受賞!
HRMOSの新モジュール立ち上げや堅固なReact基盤の構築、着実にマイルストーンに到達するチーム運営などが受賞理由となりました。


そして、次はMVT(Most Valuable Team)

全社で最も成果を出したチームに贈られる賞です。 どのチームも、この賞を狙って半年間走ってきたのではないでしょうか。 実はこの賞、前回まではMVG(Most Valuable Group)だったのですが、ビズリーチでは所属組織の枠を超えたメンバーがチームを結成して、新機能の開発やサービス改善などを行うことも多いため、「必ずしも所属組織に紐づかないプロジェクトチームも表彰の対象に含めよう」ということで、今回から名称が変わりました。

そんな、初MVTを受賞したのは・・・

BizReachクライアント・グロース(Bプロダクト)チーム! f:id:bizreach:20170221123703j:plain
壇上に上がる瞬間、笑顔がこぼれます!

f:id:bizreach:20170221123743j:plain

こちらのチームは、即戦力人材と企業つなぐ転職サイト「ビズリーチ 」の採用法人様向けプロダクトを担うチームです。この半期、数え切れないほどの施策や新機能をリリースしてくれました。実はこのチーム、どのプロダクトチームにも負けないほど、お客様に会いに行っています。短期間のリリースサイクルの中で、開発タスクも持ちながらその時間をつくるのは簡単ではないはずですが、現場で、解決すべき課題・お客様の声にまっすぐ向き合ってきたからこそ、本質的な価値を生み出し続けられているのだと思います。引き続き、もっともっと良いサービスを創っていってください!


そして最後は、MVPの発表

MVP(Most Valuable Player)は、全社でこの上半期もっとも活躍したメンバーに贈られる賞です。

そしてこのMVP、記事のタイトルにもあるように二人選出されるんです。 実は前回の表彰までは一人だったのですが、今回からプロダクトサイドとビジネスサイド、それぞれ一人ずつ選ばれる方式に変更されました。 「MVPが二人」と聞くと、一般的には少し違和感を覚えるかもしれませんが、「強いプロダクト」と「強いセールス&マーケティング」の両輪を大切にする、ビズリーチらしさを表した選出方法だと思います。

一人目のMVPは・・・


f:id:bizreach:20170223100815j:plain
MVTを受賞したBプロダクトチームの廣田が受賞しました!

記念写真は取締役CPOの竹内と。顧客価値を徹底的に考え抜く姿勢でチームを牽引し、この半期いくつもの『発明』を生んでサービスにイノベーションを起こしてくれました。


そして最後の発表、MVP二人目は・・・

f:id:bizreach:20170223101002j:plain
ビズリーチご利用企業様の採用をご支援するコンサルタントの久保島が受賞!

質の高い的確なサポート・提案で、多くの企業様のご採用、そして会員様のご転職を実現しました。





f:id:bizreach:20170223101421j:plain
MVPの二人には、マネージャーやお客様からのサプライズビデオメッセージも。

これまでの二人の努力や葛藤を見てきた仲間からの心のこもったメッセージ、そしてお客様からはありがたい感謝とエールのお言葉。 何回参加しても、毎回うるっときてしまいます・・・。(笑)

受賞者のみなさん、本当におめでとうございました!!



最後に司会の二人をパチリ!

f:id:bizreach:20170221125024j:plain

今回の司会を務めてくれた二人。 「緊張したーーー!」と言っていましたが、アドリブも交えながら素晴らしい進行をしてくれました!長時間、お疲れ様でした!

このKick Offと表彰式後は、会場からそのままバスで社員旅行に行ってきました。
そちらの様子は別途レポートさせていただきます!

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました!

f:id:bizreach:20160823213758j:plain

この記事を書いたメンバー

午頭 優佳 / Yuka Goto


2015年6月に株式会社ビズリーチに入社。「ビズリーチ」の採用法人様向けコンサルタントを経て、2016年8月から広報。現在は、採用広報とリクルートメントマーケティング室(マーケティングの手法で自社の採用活動を最適化するチーム)の立ち上げを担当。