読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

エンジニア達が技術について熱く語る夜~BIZREACH Tech Beer Bash for Students~

こんにちは、人事の荒井です。
2014年にビズリーチにエンジニアとして新卒で入社し、複数プロダクトの開発を担当した後、現在はエンジニア職・クリエイティブ職の新卒採用を担当しています。

先日2/10(金)、エンジニアを志す学生を対象にビズリーチの技術話をする「BIZREACH Tech Beer Bash for Students」を開催しました。 今回は、当日の様子をお届けしたいと思います!

f:id:bizreach:20170224214449j:plain

イベントではベテランエンジニアや若手エンジニアを含む総勢12名のスピーカーがそれぞれの担当しているプロダクトや自身のキャリアについてLT(ライトニングトーク)を行いました。

イベントページはこちら btbb.jp

イベントメッセージ
ビズリーチは2009年、小さなベンチャー企業として産声をあげました。 それから7年、HR Techの切り口で次々とサービスを生み出し、改良を重ねて来ました。 止まることの無いビズリーチの成長を支えているのは「プロダクト開発の強さ」。 様々な経験を積んだエンジニアやデザイナーが切磋琢磨しています。 このイベントでは、プロダクト開発を牽引するリーダーや、今をときめく若手たちが 学生の皆様にビズリーチの技術やプロダクトの未来について熱く語ります。 エンジニアを志す学生の皆さん、ビズリーチにちょっとでも興味がある皆さん、 ビズリーチが持つ技術力とその裏側を、楽しみながら知っていただけたら嬉しいです。
「BIZREACH TECH BEER BASH for STUDENTS」。
ビズリーチのエンジニアが学生の皆さんに送る特別なイベントです!


当日は地方からの参加も含む約50名の学生に参加いただきました。参加者のみなさんにはドリンクと軽食を用意し、社員との交流や参加者同士でコミュニケーションを楽しめるカジュアルな会となりました。

12名のLTの中から、いくつかピックアップしてご紹介いたします!

ソフトウェアエンジニアという職業について

f:id:bizreach:20170224214946j:plain
ビズリーチのチーフアーキテクトとして新技術の調査や導入、OSS公開やカンファレンス登壇によって技術広報を担当する竹添の発表。日本ではScalaの第一人者と評され、数々の技術書を執筆してきた経験を持ちます。

1990年代後半から現在までのweb技術の進歩を振り返り、エンジニアとして常に技術を学び続ける大切さについてお話しました。また、ソフトウェアエンジニアという職業については、
・常に新しい技術が登場するので退屈しない
・学習コストが極めて低いのにレバレッジが超効く
・世界中どこでも通用するスキル
というコメントがありました。
「コードによって世界中のエンジニアとコミュニケーションが取れることがプログラミングの魅力だ」というフレーズが、特に印象に残りました。

鉄腕エンジニア部に入部して強いエンジニアを目指しませんか!?

新卒入社2年目、入社前はフロントエンドエンジニアとして数社インターンに参加し、現在はスタンバイ事業のクローラー開発に携わる田所の発表。ビズリーチの若手エンジニアが集まって活動する「鉄腕エンジニア部」を紹介させていただきました。ちなみに最近はLispにハマっているらしいです。

鉄腕エンジニア部とは、偉大な先輩エンジニアと新卒有志によるランチ勉強会から生まれた組織。Webアプリケーションを作るはずが、どのレベルから作るのか?という話の中で「Apacheをインストールする→誤、Apacheをつくる→正」という結論にいたり、HTTPサーバをゼロから実装したとのこと。実に鉄腕です。

今後もデータベースやテンプレートエンジンといった、普段何気なく使用しているものを自ら実装することで技術に対するより深い知見を得る活動を続けていくようです。エンジニアとして成長したいあなた、鉄腕エンジニア部は絶賛部員募集中です。


そのほかには・・・

エンジニアのためのベンチャー就活7つのアンチパターン

なんてちょっと就活生が気になってしまう発表も。 前職ではベンチャー企業100社以上を支援した新卒採用サービスの開発に携わり、現在はビズリーチのAI室に所属する萩野の発表でした。

イベントが終わって

アンケートの結果では実に95%以上の方が満足と解答してくださり、主催した側としても「やってよかった!」と思えるイベントとなりました。 各テーブルの話も盛り上がったようで、むしろ盛り上がりすぎたようでイベント終了後も楽しそうにお話をする学生さんや社員の光景が印象的でした。 「もっと技術的な話をいっぱい聞きたい」「イベント中にもっと社員さんと交流したい」など、フィードバックもいただきましたので、次回以降改善して参ります。

世の中に発信できていないビズリーチのテクニカルな部分はまだまだたくさん存在します。これからも少しずつお伝えできればいいなと考えておりますので、次回開催を楽しみにお待ち下さい。

ビズリーチのエンジニアは、毎日技術勉強会を開催しておりますので、そちらにも奮ってご参加ください! d-cube.connpass.com

f:id:bizreach:20160823213758j:plain

この記事を書いたメンバー

荒井 利晃 / Toshiaki Arai


電気通信大学大学院を卒業後、2014年に新卒1期生としてビズリーチに入社。エンジニアとしてニクリーチの立ち上げや、キャリアトレックの開発リーダーを経て、現在はエンジニア職・クリエイティブ職の新卒採用に従事。学生時代ライターとしての業務経験を持ち、密かにビズリーチブログの人気ライター枠を狙っている。