読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

働き方改革担当、加藤大臣もエール!新プロジェクト発足しました

こんにちは!広報の午頭(ゴトウ)です。

ビズリーチは3月22日、株式会社日本人材機構、NPO法人ETIC.と共同で、新プロジェクト発足について記者発表会を行いました。
記者発表会には、日本人材機構、ETIC.、ビズリーチの代表者3名に加え、働き方改革担当の加藤勝信大臣がご出席され、本プロジェクトへのエールのお言葉をいただきました。

f:id:bizreach:20170324200839j:plain
弊社代表の南(写真左)と加藤大臣(写真右)

f:id:bizreach:20170324201149j:plain
左から、ETIC.の宮城代表理事、日本人材機構の小城社長、加藤大臣、弊社代表の南

「SELF TURN(セルフターン)プロジェクト」について

新プロジェクトの名前は、「SELF TURNプロジェクト」です。
SELF TURN(セルフターン)とは、「働き方=生き方」と捉え、自分自身(oneself)の可能性を最大限に生かせる仕事を探すこと。企業規模や、報酬、働く場所に捉われず、「自分の生きがい」という本質を探し、本来の自分に帰って(TURN)、自分らしく働く」を見つめることを意味します。

ビズリーチは、首都圏から地方へと経営幹部人材が流動するマーケットの形成に向けて活動している「日本人材機構」、社会起業家の育成に取り組み、地方のアントレプレナーへのコミュニケーションにおいて豊富な経験を有している「ETIC.」と共同で、人材の東京一極集中という社会的課題に向き合い、働き方改革や地方創生の一助となるようサイトを用いた啓発活動、イベントなど協働し取り組んで参ります。

3月22日には早速、プロジェクト公式サイトと『自分らしく働く』を考えるメディアSELF TURN.ONLINEが開設されました!

プロジェクト公式サイト

selfturn.jp


『自分らしく働く』を考えるメディア SELF TURN.ONLINE

media.selfturn.jp

また、4月には地方創生を考えるビジネスパーソンのためのニュースサイトGlocal Mission Timesのオープンも予定しています。

ビズリーチの地方創生の取り組みについて

あまり知られていないかもしれませんが、ビズリーチには「地方創生支援室」というチームがあり、これまで様々な形で、省庁、地方自治体、地方企業の皆様の採用支援をさせていただいています。

一部の例をあげると、内閣府「プロフェッショナル人材戦略事業」において約30道府県の採用支援をさせていただいたり、経済産業省の福島復興プロジェクトではUIターンを含めた福島復興地域の雇用創出をサポートさせていただいています。
またビズリーチでは、地方から未来の働き方を探すウェブメディア「BizReach Regional」も運営しています。全国の次世代リーディングカンパニーや、地方での新しい働き方をお届けしているので、ぜひチェックしてみてください!

regional.bizreach.jp

記者発表での加藤大臣のコメントにも、「終身雇用や単線型のキャリアが当たり前だった時代から、大きな変化が起きている」「働き方改革の実現には、日本の【働く】という概念そのものを変えていく必要がある」というお言葉がありました。

ビズリーチは、テクノロジーの力で企業と個人の生産性向上を実現し、新しい時代の働き方を支えるプラットフォームになることを目指しています。

「SELF TURNプロジェクト」を通じて、「自分が活躍し輝ける仕事とは何か」「自分の職業観に合った企業はどこにあるのか」という「問い」を多くの人に考え始めてもらうキッカケをつくり、企業と個人そして地方の活性化を実現し、新しい時代に適した働き方を支えていきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

f:id:bizreach:20160823213758j:plain

この記事を書いたメンバー

午頭 優佳 / Yuka Goto


2015年6月に株式会社ビズリーチに入社。「ビズリーチ」の採用法人様向けコンサルタントを経て、2016年8月から広報。現在は、採用広報とリクルートメントマーケティング室(マーケティングの手法で自社の採用活動を最適化するチーム)の立ち上げを担当。