Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

5社合同テニス交流会を開催!部活動が組織にもたらす変化とは?

こんにちは!ビズリーチ テニス部の舩橋です。
2016年4月に新卒としてビズリーチに入社し、普段はスタートアップ・ベンチャー企業様を中心に、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」のご提案をしております。

Reach Oneでは以前 VR部の紹介をさせていただきましたが、今回は第二弾として、ビズリーチの部活動の中でもおそらく最も活発に活動しているであろう「ビズリーチ テニス部」の活動をレポートします!

テニス部って?

2014年に創部され、現在の部員数は20名ほど。コンサルタント、エンジニア、デザイナー、人事など様々な職種の社員が所属しています。
月に1回行っている「深夜テニス」(深夜1時〜4時、品川プリンスで練習)には、毎回部署を横断して、色々なメンバーが参加しています。

今回は他社さんとのコラボ企画!

そして今回は、社内メンバーだけでなく、キュービックさん、freeeさん、メルカリさん、レバレジーズさん、ビズリーチの5社で「テニス交流会」を開催! 三連休の初日にも関わらず30名程集まりました!

ビズリーチからは4名が参加。

f:id:bizreach:20170329173044j:plain

左: ビズリーチ事業部在籍のエンジニア、ゴンさん。CTOからCKO<Chief Kanji(幹事) Officer>の指名を受け、デザイナー・エンジニアの外部向け勉強会 D3(ディーキューブ)イベントを統括。

左から2番目:舩橋。

右から2番目:ビズリーチの頭脳集団、事業戦略部のエンジニア、たっきーさん。翌日も朝8時から横浜の僻地でテニスの試合に行くほどのテニス好き。

右:元アメフト部のコンサルタント、だいちゃん。テニスは初心者ですが、その声の大きさはフロア中に響き渡ると言われる、元気の塊みたいな人。

早速練習開始!

まずは経験者と初心者分かれての練習。

f:id:bizreach:20170329173753j:plain

お子さん連れの方もいらっしゃり、和気あいあいな雰囲気でのテニス。

f:id:bizreach:20170329173839j:plain

しかし、1時間経つ頃には「あ、足がきつい」「もう体が動かない」という声もちらほら。笑

いざ、企業対抗試合!

そして体が温まってきたタイミングで、皆さんお待ちかねの企業対抗試合へ!

ビズリーチは1回戦キュービックさんと対戦。 この試合、だいちゃんがテニス初心者とは思えない程の動きを見せ、なんとか勝利!

続く決勝戦は、レバレジーズさん。即戦力揃いの強豪チームです。

気づいたらあっという間に2-5・・・。
一時はマッチポイントまで握られるも、そこから脅威の粘りを見せ5-5まで追いつきました・・・!

f:id:bizreach:20170329174246j:plain

そして、5-5のままタイムアップ。
仕方がないので、最後はじゃんけんで優勝を決めることに。笑

相手はレバレジーズさんの取締役。こちらは元アメフト部の一コンサルタント。 役職では勝てなくても、せめてじゃんけんなら勝てるはず・・・

レバレージーズさん:「何出しますか?」

といきなりの心理戦。

だいちゃん:「や、やばい。心理戦で攻めてきた・・・ !」

結果は・・・

f:id:bizreach:20170329174424j:plain

一発で敗北。笑

惜しくもビズリーチは優勝できませんでしたが、経験者も初心者もみんなが楽しめる会になり、交流会としては大成功!

この後は飲み会で、各社さんの普段聞くことの出来ないお話を聞くことができ、とても貴重な経験でした。

テニス部は通常ビズリーチ社員同士で練習していますが、他社さんとの合同練習は今後も定期的にやっていきたいと思います!

ビズリーチが部活動をやる意味

もちろん「単純に楽しい」ということもありますが、ビズリーチでは部活動によって、より一層、役職・部署を越えたコミュニケーションがとりやすい環境を作りたいと考えています。

例えば、テニス部での練習をきっかけに、コンサルタントが担当するお客様の課題について人事企画部長に相談し、お客様のもとに一緒に訪問して、ビズリーチ社内での取り組みをお伝えする、といったこともあります。

会社として推奨している文化ですので、部活動として認定されると会社から一部費用も負担してもらえるのですが、部活動の目的に沿った「部活動 認定基準」もしっかり定めているんですよ。(もちろん同じ趣味のメンバーが集まってサークルを結成するのは自由です!)

正直入部前は、社会人にもなって部活動なんてちょっと恥ずかしいなと斜に構えていた僕ですが(笑)、部活動を通じて「社内のどんな人が、どんな想いで仕事をしているのか」を知り、目の前の仕事や所属組織が本当に色々な人によって支えられ、成り立っているのだなと気づく事ができました。

ビズリーチでは、こうした組織づくり・文化醸成のための取り組みを、部活動に限らず各種人事制度や全社イベントなどを通じて、日々行っています。 そういった取り組みの成果として、組織が拡大してもしっかりと文化が浸透し続けているということこそ、ビズリーチの強さなのではないかと僕は思っています。

f:id:bizreach:20170329174826j:plain
5社での集合写真


Reach Oneでは今後も、様々な部活動を紹介してまいりますので、楽しみにしていてください!

f:id:bizreach:20160823213758j:plain

この記事を書いたメンバー

舩橋 誠/ Makoto Funahashi


大学在学中に1年間のアメリカ留学を経験。2016年ビズリーチに新卒入社し、新規の法人営業を担当。入社前はビズリーチを家業を継ぐための修行の場と考えていたが、現在はビズリーチを通じて日本の働き方を変えたいと思っている。