Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

「No.1成長可能性都市を盛り上げる!」福岡オフィスのご紹介|Reach One REGIONAL vol.2

はじめまして!ビズリーチ福岡オフィスの馬場と申します。
「Reach One REGIONAL」第2弾となる今回は、福岡オフィスの様子をお届けいたします。 前回は、関西オフィスについてご紹介しました!

reachone.bizreach.co.jp

『 観光都市 Fukuoka 』は実はスタートアップが多い

皆さん、「福岡」というとどんなイメージを抱かれますか??

明太子、水炊き、モツ鍋、豚骨ラーメン、福岡ソフトバンクホークス、沖ノ島、志賀島の金印・・・ f:id:bizreach:20170911180509p:plain f:id:bizreach:20170911181622p:plain

美味しいものがいっぱいの観光都市としてのイメージをお持ちの方も多いと思います。 事実、街中は毎日、海外からの観光客でとっても賑わっています!

そんな福岡ですが、実は、全国21主要都市の中で、「開業率の高い都市ランキング(※1)」3年連続1位といった起業支援都市としての顔も持ち合わせているのです!
※1 出典:福岡アジア都市研究所「Fukuoka Growth July2016」、各都道府県労働局

福岡市は、2014年に国家戦略特区に指定されて以降、「グローバル創業、雇用創出」にむけて、産学官民が協力して、新たな雇用を生み出そうといろいろな施策を実施しています。

『福岡市スタートアップカフェ』で講演後には長蛇の列?

その代表的なものの1つが「福岡市スタートアップカフェ」です。 「福岡市スタートアップカフェ」とは、スタートアップのエコシステムを構築するため、多種多様な人たちが集い、新しい価値を生み出すプラットフォームになることを目指して、福岡市が開設したものです。

スタートアップがイノベーションを起こし、既存の企業も巻き込みながら経済成長を牽引することで、新しい雇用が生まれ、地域全体が活性化する…という効果が見込まれています。

スタートアップカフェ内では、起業・創業に役立つ書籍を無料で読むことができたり、電源やWiFiのある環境を創業の準備やセカンドオフィスとして活用することができます。さらには、新しい事業を興したい人と、起業家を支援したい人の交流を生むべく、毎月多数のイベントが開催されており、無料で参加することができます。

実は、ビズリーチもこの「福岡市スタートアップカフェ」のサポーターとして参画しており、毎月1回、起業を志す、また起業をされて間もない方々にむけて、「採用のノウハウ」を提供するセミナーを開催しています。

毎回、多種多様な方々にご参加いただいており、セミナー終了後には講師の佐藤の前に長蛇の列ができています!

スタートアップ期の企業様が抱える課題、それは・・・

スタートアップカフェの他にも起業を支援する制度や仕組みが多々あるため、福岡には多くのベンチャー企業が集まっています。 そんな勢いのあるベンチャー企業がますます事業拡大していくためには、当然「人材」の力が必要不可欠です。なかでもリソースが非常に限られているスタートアップ期においては、入社後すぐに活躍してくれる“即戦力人材の採用”が最重要課題です。

しかし、多くのスタートアップ企業の方々は、

  • 初めての採用でどうしていいのか分からない
  • 起業したてで、会社の知名度がまだまだ…それでも人は採用できるの?
  • 即戦力人材との出会い方が分からない
  • とりあえず募集は出してみたけど、全然採用できない

などなど、採用に対して多くの課題や不安を感じられています。 そして事実、福岡オフィスでも多くの企業様からこういったお声を伺っています。

スタートアップ企業の成長を牽引できるような即戦力人材は、待っているだけではなかなかやってきてくれません。 だからこそビズリーチは、従来型の待ちの採用ではなく、企業が主体的に手段を考え、能動的に実行する採用活動「ダイレクト・リクルーティング」の実現をご支援しています。

人事機能がない。初めての採用。でも年間採用計画10名以上!!

「初めて『採用活動』というものを行うことになりました。今までは、それぞれの人脈から仲間を増やしてきましたが、それだけじゃ全然足りないんです。今年も年間で10名以上採用しないといけないのですが、どうすればいいでしょうか…?」

これは実際に私がコンサルティングさせていただいたお客様の事例です。創業間もない企業様で、まだ人事機能も持っていない企業様でした。

さらに詳しくお話を聞いていくと、たくさんの課題があることが分かりましたが、それらの課題は大きく3つに分類することができました。

  1. 採用に関する知識が全くない

  2. 採用したい人材の要件が定まっていない

  3. 面談・面接をどうやればいいのか分からない

そして年間10名以上の採用をコミットするため、まずは上記3つの課題を1つずつ解決していくことにしました。

課題1. 採用に関する知識が全くない

この企業様は、今までいわゆる『社員紹介』のみで採用を行ってきました。そのため、これから仲間を増やしていくにあたり、どういった手法を組み合わせて採用活動を行えばいいのか?そもそも今の採用手法、採用市場はどうなっているのか?採用プロセスはどう設計すべきか?等、採用に関しては全くノウハウをお持ちではありませんでした。

そこで、まずは取締役2名の方向けに、ビズリーチが毎月開催しているセミナー「ビズリーチ・アカデミー」にご招待しました。 「ビズリーチ・アカデミー」は、ビズリーチをご導入採用いただいた企業様に、現在の採用市場について、採用成功につながる採用プロセス、採用成功を実現するためのポイント、企業様として持つべきマインド、等をご理解いただくためのものです。 このセミナーにご参加いただいた結果、採用を会社の最優先課題とし、全社をあげてコミットいただけることになりました。

課題2. 採用したい人材の要件が定まっていない

また、この企業様では10名以上を採用したいという目標数値は決まっているものの、具体的にどんな人材を採用したいか…という人材要件は決まっていませんでした。 そこで、CSO、CMO、CTOの方々にお時間をいただき、まずは現在の事業と今後の展望について詳しくヒアリングしました。As isとTo beを明確にすることで、その差分を埋めるためにはどんな人材が必要なのか、洗い出すことができます。またそのうえで、ターゲットに訴求する企業様の魅力も整理していきました。 このようなステップを経て、今どこでどんな仕事をしている方に、自社のどういった魅力を打ち出せばいいのかということが明確になり、企業様に採用までのプロセスをより具体的にイメージしていただくことができました。

課題3. 面談・面接をどうやればいいのか分からない

今回のお客様は初めての本格的な採用活動ということで、面談・面接で誰が何を行えばいいのか、といったノウハウもお持ちではなかったため、この課題に対しては「面接官トレーニング講座」を企画・実施しました。

面接官の役割分担、面談・面接時のヒアリング内容、候補者様の情報管理に至るまで、ワーク形式で実施することで、実際の面接にすぐに活かしていただける内容にしました。 さらに、実際の面接が始まってからは、必ず面接前後に経営層の方と打ち合わせを実施しています。面接前には、候補者様の情報のおさらい、候補者様へのヒアリングポイント、訴求ポイント、面接の流れを再確認。面接後には、候補者様の転職軸、希望条件、ご本人の意向、さらには、求職者様の家族構成やご家族の意向までを確認し、今後の進め方を一緒に考える時間を設けています。

結果、現時点で採用目標の約半数の方を採用できており、お客様の経営陣からも嬉しいお言葉を多数いただいています! 特にスタートアップの企業様となると、採用の成功がよりダイレクトに経営に影響するので、その喜びもひとしおです。

福岡オフィスについて

最後に、福岡オフィスについて簡単にご紹介させていただきます。
福岡オフィスは、ビズリーチの全拠点の中でも最も新しく、今年の10月で2周年を迎えます。 当初、全社員の中から立候補した若手社員2人が拠点立ち上げメンバーとして、九州マーケットの開拓をスタート。 その後、同じ志を持った1人増え、2増え…今では7人のオフィスになりました!

福岡オフィスのメンバーは、バックグラウンドこそ異なるものの、「九州経済を盛り上げたい!」という熱い共通の思いを抱いたメンバーで、日々、九州の企業様のご支援をしています。オフィスは西中洲という、非常に便利な立地で、窓から見える景色もとても綺麗です!

福岡は、成長可能都市ランキング1位に選出されるほどのポテンシャルを秘めた都市です(※2)。
これからますます福岡の企業様からのご要望が増えるなか、今以上にニーズにおこたえし、価値提供するにはもっと多くの仲間が必要です。
少しでもご興味もっていただけた方は、ぜひ下記の募集ページもご覧ください!

hrmos.co

※2 出典:野村総合研究所「成長可能性都市ランキング」

f:id:bizreach:20160823213758j:plain

この記事を書いたメンバー

馬場 史年 / Fumitoshi Baba


前職の同期の紹介で2015年12月にビズリーチに入社。翌年3月に福岡へ異動。採用難易度の高い九州のお客様と二人三脚で採用成功を目指しています。