Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

全員が創業メンバー!ビズリーチが創業9周年を迎えました

こんにちは!ビズリーチ広報室の本田です。
2018年4月14日、株式会社ビズリーチは創業9周年を迎えました。
この日を迎えることができたのも、いつも応援してくださる皆さまのご支援があってこそです。 そこで今回は、感謝の気持ちを込めて、創業から今までの軌跡を少しだけ振り返りたいと思います。

たった2人で始まった事業創り

2009年4月14日、ビズリーチサービスが誕生しました。
代表の南自身が転職活動をしていた際に抱いた違和感を払拭するべく、業界の仕組みそのものを自分の手で変えていこうと思ったことが、ビズリーチサービスの始まりです。当時、海外では一般的だった採用のあり方を、日本でもスタンダードにすることで、雇用問題の解決だけでなく、日本全体の生産性向上に繋げていきたいと、最初はたった2人でサービス開発に着手しました。

f:id:bizreach:20180414195918p:plain
第1回目のオフィス引越しにて(左:執行役員の佐藤 和男、右:代表の南 壮一郎)

その後、ビズリーチのミッションに共感してくれる仲間探しが始まりました。
より良いプロダクトを開発するためのエンジニアやデザイナー、価値あるサービスを確実に世の中に広める広報のプロフェッショナルなど、一人また一人と新しいメンバーが加わっていきました。

様々な領域で事業を立ち上げ、1,162人まで成長

f:id:bizreach:20180414200442p:plain
サービス沿革

私たちは「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」というミッションを掲げ、人手不足、地域活性、企業と個人の生産性向上、事業承継など社会課題の解決を目指す事業を立ち上げてきました。

また、その過程で多くの仲間が加わり、9年で1,000人規模にまで成長することができました。新しい事業にともなって新しい組織が生まれ、新しい役割が次々に生み出されます。
常に変化を続ける私たちにとって、ビズリーチはまだまだ「創業期」。
10年目を迎える今、ビズリーチのバリューの一つ【全員が創業メンバー】を合言葉に、世の中に大きなインパクトを生み出せる組織へと更にアクセルを踏んでいきたいと思います。

創業当初にジョインした仲間の声

創業間もない時期に入社した社員に、9周年を迎えた今の心境を聞いてみました。

f:id:bizreach:20180416160950j:plain
2009年、オフィスにて


f:id:bizreach:20180416161745p:plain:w300

執行役員 プロダクト開発部 部長
園田 剛史さん

マンションの一室で始まったビズリーチの正式リリースから9年、誰にも知られていなかったサービスがここまで大きくなったのはご期待いただいた求職者様や企業様そして一緒に事業、プロダクトを育ててくれた仲間のおかげです。
気づけば会社も1,000人以上の規模となりました。新しい事業がどんどん生まれ、大きくなっています。それでも創業当初から、プロダクト、マーケティング、セールス、ミドル・バックオフィスが一体となって事業創りをする姿勢は変わっていません、またAIや検索エンジンなど技術的に面白いトライをする事業も増えてきました。この成長スピードと変化を楽しみながら、もっと社会にインパクトを与えられる会社にしていきたいと思っています。


f:id:bizreach:20180416140625p:plain:w300

社長室 新規事業グループ
2010年9月入社
鈴木 康弘さん

ビズリーチ創業9周年!お世話になった皆さま、ありがとうございます。 私が、ビズリーチにエンジニアとして、ジョインし8年が経ちました。ビズリーチ事業の立ち上げ、海外事業、キャリアトレック事業、組織のマネジメント、そして今は自ら提案した新規事業に挑戦中です。こんなに次々にチャンスが生まれ、真正面から社会課題と向き合える会社はそんなにない、そう感じています。
今や数十の事業体がそれぞれの権限で事業を運営し、大きな事業もあれば、まだ10人にも満たない規模の、まさにスタートアップのような新規事業もいっぱいあります。
多種多様な仲間、さまざまなフェーズの事業が混在して、まさにカオス。
「Enjoy Chaos」 カオスを楽しんじゃおう!という精神。これは社内で生まれた言葉です。これからも挑戦を続け、明るく、みんなで笑いながら、カオスを楽しんで進んでいこうと思います。

成長途中のビズリーチに入社をした新卒社員の声

ビズリーチでは、創業から4年後の2013年から新卒採用を行っています。
新卒社員が、入社をしてから今まで、個人と会社全体の成長をどのように感じているかを聞いてみました。

f:id:bizreach:20180416193357j:plain:w300

2016年新卒入社(ビジネス職)
ビズリーチ事業本部 カスタマー企画部
中根 彩さん

二年前に新卒入社し、一年目は新たなミッションを持ったセールスチームの立ち上げ、全社を巻き込んだイベントの企画・運営に全力を尽くしました。そして二年目の終わりには、セールスから求職者様向けマーケティング担当へとキャリアチェンジしました。 入社した際、先輩方から「この会社は成長の機会と環境を与えてくれる所だ」と言われていましたが、会社が成長してもその印象は変わりません。入社時に想定していなかったのは、仲間の存在の大きさです。社会課題に向き合う事業があり、その周りには本質を見据えた、気持ちの良い人が集まっている。来年は10周年、組織の成長スピードを後押しできるように個人としてもより一層成長したいと思います。


f:id:bizreach:20180416193456j:plain:w300

2015年新卒入社(エンジニア職)
プロダクト開発部 プロダクトイノベーショングループ
蒲池 柾紀さん

2015年4月にエンジニア職として新卒入社したとき、当時の社員数は350人くらいでした。 急激に拡大していく組織の中で、変化に必死についてきたおかげでその実感もひとしおです。入社して3年が経ち、自分自身できることも増えたと感じています。そして、これから、数千人規模の組織になっていくとき、さらに多様なことにチャレンジできると思うとワクワクしています。
またビズリーチはPM(プロダクトマネージャー)・エンジニア・デザイナーが一体となり、データドリブンでプロダクトを開発するカルチャーがあります。これは事業成長を支えている要素の一つだと実感しています。私もエンジニアとして、事業に大きな変化を起こしていきたいと思っています。

「事業創りは全員が主役」
社員同士で良く交わされる言葉です。入社のタイミングは様々ですが、同じ志を持った仲間が集まり、ビズリーチの成長を牽引していくことで、より良い価値を社会に提供していきたいと改めて感じました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!
10年目のビズリーチを、よろしくお願いいたします。

f:id:bizreach:20160823213758j:plain

この記事を書いたメンバー

本田 沙貴子 / Sakiko Honda


青山学院大学 総合文化政策学部卒業。2014年に新卒1期生としてビズリーチに入社。人事新卒採用担当として、採用戦略の立案及び実行、セミナーやインターンシップの企画、面接・面談などに従事。その後、新卒事業部の立ち上げに加わり、採用コンサルタントを経験した後、現在は広報を担当。

www.bizreach.co.jp