Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

理想のデザイナー像を見つけた私が、ビズリーチに入社を決めた理由

こんにちは、Reach One編集部の乾友香です!
Reach Oneでは、ビズリーチで働く仲間たちのリアルな声を届けています。
そこで、今回は2019年入社予定の「内定者インタビュー」第2弾をお届けします!

reachone.bizreach.co.jp (前回の内定者インタビューはこちら!)

今回インタビューした阪上さんはデザイナー職。しかし、大学時代は社会人類学を専攻しており、デザインを学んできたわけではなかったのだとか。そんな阪上さんがデザインに興味を持ち、独学を始めたきっかけや、ビズリーチを選んだ決め手など、詳しくお話をうかがいました!

f:id:bizreach:20181203133652j:plain

【プロフィール】
阪上 葵 / Aoi Sakaue
1997年生まれ、大阪府出身。首都大学東京 都市教養学部の4年生。大学時はサークル活動で、フリーペーパーの編集に携わり、その後、様々なインターンを経験し、ほぼ独学でデザインを学ぶ。趣味は音楽フェスやリアル脱出ゲームに行くこと。

自分には「デザイナー」しかない、そう思えた

―阪上さんはデザイナー職ですが、大学時代は文系学部に所属していたんですね。

そうなんです。デザインとはまったく縁のない学部でした。

―そうすると、デザインに興味を持つきっかけとなったのは、何だったのでしょう?

学内で配布しているフリーペーパーを制作するサークルに入ったことがきっかけです。そこで、デザインツールのIllustratorを自在に操る先輩と出会ったんです。その先輩は、私が作ったデザインを魔法を使ったようにさらに素敵なものに変えてくださいました。そんな先輩の姿に憧れて、「私も先輩みたいに、デザインを作れるようになりたい!」と思うようになりました。

f:id:bizreach:20181203133916j:plain

―それからデザインを学ぼうと思うようになったんですね。本格的にデザイナーを目指すようになったのもこの頃からですか?

本格的にデザイナーになりたい!と思ったのは、インターン中です。中高生にIT・プログラミング教育サービスを提供している「ライフイズテック株式会社(以下、Life is Tech!)」のインターンに参加したことがきっかけでした。インターンの期間中、コンテンツの一つである「謎解き」を考えるチームでお仕事をする機会がありました。UXをとことん考え尽くして、一つひとつのクリエイティブやイベントづくりを行なっていて、とても感銘を受けたんです。 そこから「体験を作ったり、サービスを設計する(デザインする)こと」の面白さを実感しました。

―充実した時間を過ごされたんですね!

はい、Life is Tech!では、デザインの面白さやイベント運営について学んだだけでなく、素晴らしい仲間たちとコミュニティを築くことができ、実りの多い時間を過ごせました。一緒に働く仲間たちは、個人個人のスキルや強みを持っていながらも、おごらない人柄の方ばかりで、非常に魅力的なんです。インターンに参加したことで、彼らからも良い刺激をたくさんもらいましたね。

―なるほど。ちなみに、デザイナーを目指すことに迷いはありませんでしたか?

迷いはずっとありました。私は文系学部出身なので、美大などでデザインを学んだ方と比べると、自ずと経験の差が出てしまいます。そこの溝が埋められるのか、正直不安でした。そのため、一時期はデザイナーではなく、ライターやマーケティングなど、ほかの職種の道を考えたこともありました。しかし、興味を持った職種の中で共通していたのは、そのどれもが「何かを作る仕事」であり、そこには必ず「誰かとのコミュニケーションが発生していること」だったんです。そしてこの二つが、私がこれから働く上で大切にしたいことなのだと気づきました。さらに、デザイン系メディアのライターに挑戦して、デザインが好き!楽しい!という気持ちを再認識しました。その結果、やっぱり自分には「デザイナー」という仕事しかないと、確信したんです。

f:id:bizreach:20181206145154j:plain

感性がマッチングした運命の出会い

― 就職活動中は、ビズリーチ以外にどんな企業をリサーチしていたのでしょう?

ウェディング系のアルバイトをしていたこともあり、ブライダル×ITの企業や、デザイナーを募集している事業会社などを検討していました。とはいえ、デザイナー職はやはり「これまでの実務経験」を問われることが多く、なかなかマッチする企業がありませんでした。そんな中、私のやりたいことやデザインに対する考え方など、等身大の私を肯定してくれたのがビズリーチだったんです。

― ビズリーチでの選考中に、ビビッと来た一日があったと聞きました!

はい、すごい一日だったんです!まず私には、何か一つに特化するというより、「デザインを武器にして、体験を総合的に作れるデザイナー」になりたい、という理想像がありました。しかし、就職活動中は、自分のこれまでの経験に自信が持てなかったり、自分が大事にしていることをうまく言語化できていなかったんです。そんなとき、ビズリーチの選考で、デザイン本部マネージャーの古結さんと面接でお話をする機会がありました。すると、古結さんから「デザインを武器にできるって良いよね」というお話が出てきたんです。その時、自分と同じ理想を抱いていて、すでに言語化されている方がいらっしゃることに運命的なものを感じました。

f:id:bizreach:20181203134131j:plain

― そんなことがあったんですね!

本当にビックリしました!古結さんは映像を作るのが好きな方で、ビズリーチ事業の課題をデザインで解決しようとなったときにも、さっそく映像を取り入れたそうなんです。まさに「自分ができることを武器に、良いモノを作る」ということを体現されていて、古結さんというロールモデルが身近にいるのだから、自分もビズリーチに入れば理想を叶えられるのではないか、なりたいデザイナー像に近づけるのではないか、と思いました。また古結さんは、私の過去の実績などは抜きに、夢だけでなく、将来挑戦したいことに対しても「それ、すごく良いね!」と全面的に支持してくれたので、とても嬉しかったですね。この経験があったからこそ、ビズリーチであれば自分のなりたいデザイナー像に近づけるのではないか、と思い入社を決めました。

体験からデザインするデザイナーになりたい

―内定をもらってから、何か変化したことはありますか?

最近になってやっと実務経験と呼べるスキルが身についてきたので、インターン先でも広告やLPサイトのデザインなど、チャレンジの機会をいただけるようになりました。大変だけど、やってみるとどれも楽しいんです。こんな風に、自信がないなりにチャレンジしたり、いろんな方法を試すことは、私の性格にあっており、また、コツコツ根気よく取り組み続けられることも、私の強みです。だからこれからも、失敗を恐れずチャレンジしていきたいですね。

―将来的には、どんなデザイナーになりたいですか?

幅広い領域で「体験を作ることや、サービスデザインをすること」を手がけるデザイナーになりたいです。「面白いことをやるなら、阪上も呼ばなきゃ!」「阪上と一緒に仕事をしたら楽しそう!」そんな風に思ってもらえたら嬉しいですし、自分からもどんどん企画していきたいですね。でも、そのレベルのデザイナーになるには、それに見合うスキルと自信を身につけたり、周りから信頼されたりと、経験を積んでいかなければなりません。だからこれは、長期的な目標ですね。

f:id:bizreach:20181206150722j:plain

―ありがとうございました!
ビズリーチでしか表現できない「体験」を作るデザイナーとして、活躍を期待しています!


この記事をインタビューしたメンバー

乾 友香/ Yuka Inui


新卒で銀行に入行し、その後人材紹介会社でキャリアアドバイザーとして勤務。2018年にビズリーチに入社。現在は人事本部の採用マーケティング室にて採用に関わるコミュニケーション設計や、Reach Oneの編集を担当。特技は歌モノマネ。


Commitment to myself: Achieve good results in 3 years. How I got the Best Engineer Award.

Japanese Ver.

Hi, I’m Yuka Inui, Editor of Reach One.
Today I am interviewing Stefan who got the Best Engineer Award at the BizReach Awards 1st Half-Year 2019.
We talk about his experience of working for the first time in Japan and at BizReach. We are also talking about how he accomplished to obtain this award.

f:id:bizreach:20181204111721j:plain
Meier Stefan

Meier Stefan
Stefan is born in 1985 in Switzerland. He has studied computer science, linguistics, and entrepreneurship. While studying part-time in the evening at the university, he worked full time during the day in the IT field. For his Master thesis, he came for five months as a research student to Chuo University. After graduating, he went back to his home country to continue to work at his previous company. Stefan entered Bizreach in September 2015, after getting scouted by one of the company’s board members. His hobbies are art-related activities, playing guitar and piano, but also hiking and enjoying nature.

From being a part-time student and a full-time Engineer to working at Bizreach

―Congratulations on receiving the Best Engineer Award!

Thank you.

―How did you feel when receiving the award?

It was very unexpected and I couldn’t believe to get this award. Once standing on the stage in front of everyone, I felt overwhelmed and happy.

f:id:bizreach:20181204111816j:plain

―I heard that Bizreach is your first company in Japan.

Yes, that's true. I entered Bizreach in September 2015. However, I only arrived in Japan two days before starting my new work, without even having an apartment. The first two years and a half were quite difficult because I was not able to show my skills even though I tried very hard. Now, after three years in Japan, receiving such a prestigious award, I feel very happy. I am finally able to show results and to enjoy working in Japan.

―In the end, hard work paid off and you were able to succeed! I heard that you have a somewhat unusual professional career…

Yes. Since 2004, for eight years, I had lived a life of "studying in the evening while working daytime". For my work, I was always working in the IT field. At university I studied first linguistics, then computer sciences and finally entrepreneurship. In 2014, I came to Japan as an exchange student in order to write my master thesis in the field of Entrepreneurship at Chuo University. At that time, I worked in the evening, while studying daytime – in the evening at my company in Switzerland at the daytime at Chuo University – this for five months.

―You seem to have studied many things!

From a Japanese perspective, this might be quite rare. However, in Switzerland, this is much more common. We have a vocational education system where people are encouraged to work in the industry and studying part-time. Thanks to this system, I was able to discover what I like to do and pursue my career in the right way.

―By the way, what did you feel when you finished your Master studies?

In 2014, I first went back to Switzerland and continued to work at the current company of that time. However, while reaching the end of my twenties, I felt that I am at a turning point in my life and started to think about life. I asked myself what I want to achieve in my thirties as a business person and how my life should change. As a result, I decided to challenge myself in a new environment. I had various discussions with my former Professor from Chuo University about my life and also about working in Japan. At that time, I got a scout email from Nagata-san, one of the board members at Bizreach. It was at the right timing. After several Skype interviews between Japan and Switzerland, I finally decided in May 2015 that I want to join Bizreach.

f:id:bizreach:20181204111908j:plain

―How and why did you choose Bizreach?

First I checked the recruiting page and saw that many highly skilled engineers are working at the company. I was very interested in the idea of investing myself and improving my skills. I told myself that if I really moved to Japan, I would like to work for a company that would support me. I also strongly felt that the organizational structure is very flat. When I entered the company, I felt that my way of thinking and expressing is different from others and that is when Minami-san, the CEO, came at my rescue. We spoke in English which made it much easier and comfortable for me to talk. He also helped me to understand the cultural differences better and shared many of his own experiences. I feel really grateful for Minami-san's support.

―You already worked as an engineer in Switzerland. Why did you choose to become an engineer in the first place?

My father is an electrical engineer. So I probably got influenced by him. At the age of 7, I started to learn Java by myself and really liked to try out programming, create something from scratch and automate tasks. To me, engineering work is at the border between art and technology. It’s not about creating beautiful code, but to solve problems in an innovative, creative and beautiful way. Engineering work has many challenges and offers many possibilities, that is why I feel attracted by this field.

Failure teaches success - the importance of teamwork.

―Working for the first time in Japan, you probably faced many challenges. Concretely, what was the most challenging point?

First and foremost the language and the culture were very challenging. During the first year and a half, to make the assimilation process easier, I almost exclusively worked in English. I also got a lot of help from my Japanese coworkers. My biggest frustration at that time was that “tasks that I was able to do well in Switzerland, I couldn’t do in Japan” because of the different working environment and the different way of communicating.

f:id:bizreach:20181204111955j:plain

―How were you able to overcome those challenges?

First, by studying a lot. Even now I am still continuing to study Kanji every morning between 7 AM and 8 AM. Learning with mobile apps, reading the newspaper and learning new words if I don’t know them - that’s the way I think I can acclimate best to Japan, by learning the Japanese language and culture. Also, I have a close Greek friend who lives in Japan for 25 years. He lived for a long time in Kansai and was always working for Japanese companies. Since we both come from the old continent, we share many things and exchange our experiences. He helped me many times.

―So your “foreign senpai” was a strong support. In that sense, when did you start to enjoy your work and what was the turning point?

I think that it happened when I moved to Stanby. At that time, I felt able to work with Japanese, to make good relationship and didn’t feel stressed anymore. At Stanby, the moto is to “succeed through cutting-edge technology”, I had the opportunity to work with many skilled engineers and coworkers. My motivation also increased under the positive influence. Of course, there were also some hard times, but surrounded by skilled co-workers in a strong technical environment, I felt that this was my turning point.

―I can feel that you cherish teamwork and your colleagues!
By the way, in general, what is your primary motivation in life?

Since I am young, I try to set goals and move towards them. My birthday is a good milestone for setting small objectives and look back to last years’ achievement. “In my next year, I want to achieve X”. If at the next birthday I can look back at a successful year, I feel happy. That’s also why I set up a timeline and goals when coming to Japan. Basically, I told myself that if I can succeed within 3 years in Japan and show some results, I will stay, otherwise, I will go back to Switzerland.

―That’s interesting! Being able to set your own goals and achieve them, that’s great!

Now it’s exactly 3 years since I came to Japan. That’s why I feel extremely happy about being able to get the award as the best engineer. It feels great and gives me a motivation boost that I will remember when I will have hard times in the future.

f:id:bizreach:20181204112021p:plain

“Moving towards a big goal but live in the present”.

―Stefan, tell me about your future plans.

As a big goal, I would like to found my own company. I would like to think about something, create it on my own and make it grow as a business. However, succeeding as an entrepreneur is very difficult and at that time I will not be able to rely on many skilled coworkers at first. That’s why I think that one of the success factors is “creating the right team”. That’s what I learned also from Stanby. Respecting each other, learning proactively, being able to exchange different opinions – those are some characteristics of a good team, I think. It is also the good team that makes Stanby succeeding. It’s essential to have a good team in order to have a successful business in the long run. That is also why I want to continue for now to invest myself into Bizreach. I still have a lot to learn. First, promote Stanby and make people aware of Stanby. Then, I want to bring in my different viewpoint as a foreigner and make Bizreach more global.

f:id:bizreach:20181204112138j:plain

―Indeed, it seems that there are more and more foreigners at Bizreach.

New graduates from Hong Kong entered the company this April and other foreigners will enter next Spring. From now, I also would like to integrate more global people from Europe and the US, as well as from other Asian countries. Especially Stanby is interesting for engineers as it is growing very fast. I really think that this is an interesting product and very challenging as an engineer.

―There are many opportunities at Bizreach and it’s important to have a “challenger spirit”.

I like new challenges. Failure or success, both are one’s own responsibility, that is why challenges are motivating. At Bizreach, there are many new businesses. That’s one of the many attractive points here. Being able to get involved in a new business is also part of my goals.

―One last question, what is your preferred “Japanese word”?

I like the idea of “living in the present”. If you cannot enjoy the present, it is difficult to think about the future. That’s why I think that it is important to enjoy the present while working on the future. That’s why I like to live now.

f:id:bizreach:20181204112206j:plain

―Thank you for your precious time.
I am looking forward to your next achievements!


Editorial Member

Yuka Inui


Experience of working at a bank and in the career advisory field at an employment agency after graduating from University. She joined BizReach in 2018. Working at the Human Resources Department and is in charge of HR marketing related activities and works as an Editor of Reach One. She is good at singing impersonations.


「Data Analyst Meetup Tokyo vol.8」に弊社データアナリストが登壇しました!

こんにちは、システム本部 マーケティングテクノロジー室の荒木と申します。
2018年11月14日にData Analyst Meetup Tokyo vol.8を主催しましたので、Meetupイベントの内容をレポートします。

Data Analyst Meetup Tokyoとは?

f:id:bizreach:20181128111438p:plain

Data Analyst Meetup Tokyoは、事業会社でデータ分析にまつわる人が集まるコミュニティというコンセプトのイベントで、2016年6月23日のvol.1から今回で8回目を迎えました。
本イベントの特徴は、

・勉強会ではなく、データ界隈の人同士がつながることで孤独を解消することを主目的とする
・開催時期は不定期で、毎回会場が変わる

というように、データ人材の交流や情報交換がメインで、参加する際の障壁がなく、非常にフラットに参加できることです。
(余談ですが、Data Analyst Meetup Tokyoというように、東京と銘打っていますが、他の地方に同じようなMeetupがあるわけではないです。)

Data Analyst Meetup Tokyoに惹かれたきっかけ

なぜ会場を提供し主催することになったのかは後でお話するとして、まずは私とData Analyst Meetup Tokyoの出会いについてお話しします。私が最初にイベントに参加したのは、2017年9月12日のvol.5でした。(実は、今回登壇した立川と一緒に参加しました。) 初参加の感想は、参加者の方全員が自分と同じようにデータ人材として孤独感や悩みを抱えていて、同じ目線や同じ立場で話せるデータ界隈の方との交流を求めているんだな、ということでした。イベント内容はとても素晴らしく、一気にData Analyst Meetupのファンとなり、初参加のvol.5からvol.7まで皆勤です。

巡ってきたチャンス

何回か(何回も!)参加していくうちに、運営の方々とも交流するようになり、いつしか、「ビズリーチのガーデンで開催したい!」という思いが日増しに高まってきました。

そして巡ってきた1本のSlack。

f:id:bizreach:20181128112135p:plain

とある日、運営事務局の株式会社FiNC Technologies 菅谷さんから会場提供のお話をいただき、ほぼ即レスでお返事しました。

なぜ会場提供したかったのか?

①ビズリーチに所属するデータ人材のブランディングに貢献したいため
弊社のミッションは、「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」であり、ビズリーチのデータ人材はプロダクトやテクノロジーの力を最大限生かしてこのミッションを体現しようとしています。このMeetup Tokyoの場をお借りして「ビズリーチのデータ活用事例や関わる人の魅力」を正しく発信することが、弊社のブランディングに寄与すると信じています。

②データ人材に対してビズリーチサービスの認知度を向上させたいため
昨今、データ人材のニーズは世界的に増しており、日本も例外ではありません。こうした日本の優秀なデータアナリスト、データサイエンティストなど、データに携わる方々に対して、ビズリーチを是非とも活用していただき、キャリア形成のお役に立てればと考えています。

イベント当日

f:id:bizreach:20181128112247p:plain
会場準備の様子

f:id:bizreach:20181128120841p:plain
満員御礼!約50名のお客さまが集まりました!

株式会社ビズリーチの紹介

f:id:bizreach:20181128121555p:plain

www.slideshare.net

私からは株式会社ビズリーチの紹介と、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」の紹介をさせていただきました。

分析できるデータは自ら作る

f:id:bizreach:20181128121625p:plain

ライトニングトーク(以下、LTとする)1は、ビズリーチのリクルーティングプラットフォーム統括本部の立川 太一が、「分析できるデータは自ら作る」というタイトルで登壇。 弊社のインサイドセールス部門で運用しているSalesforceのデータをもとに、手動で記録するデータを「分析できる」「綺麗な状態」に保つ運用について、実務課題と解決策を発表させていただきました。

www.slideshare.net

f:id:bizreach:20181128112828p:plain

立川の発表に共感された方々が多く、同じ課題感を持った参加者がいらっしゃったことが垣間見れました。

雑な確率的シミュレーションは恥だが役に立つ

f:id:bizreach:20181128112923p:plain

LT2は、LINE株式会社の丸尾 大貴さんに「雑な確率的シミュレーションは恥だが役に立つ」というタイトルでご登壇いただきました。 (登壇内容については現在非公開となっておりますので掲載を控えさせていただきます。ご了承ください。)

懇親会

LTのあとは懇親会を実施しました。

f:id:bizreach:20181128113056p:plain
乾杯の風景(僭越ながら私が乾杯の音頭を取りました)。
f:id:bizreach:20181128113006p:plain
当日はささやかながら飲食物を提供させていただきました。

懇親会では、参加者同士の情報交換や課題共有など、活発な交流が行われていました。 懇親会で帰宅された方はほとんどおらず、本イベントがいかにコミュニティとして機能しているか改めて実感しました。

私自身もビズリーチの分析手法について質問をいただいてお話ししたり、他社事例から多くのことを学び、とても有意義な時間を過ごしました。 余談ですが、懇親会参加者の方から「(以前弊社のBIグループが紹介された)データの力で、事業を加速する|BIグループの仕事を公開!というブログを拝見しました!」というお声もいただいたので、個人的にはとても嬉しかったです。

やってみてどうだったか?

[荒木]
準備については大変でしたが、その苦労を吹き飛ばすほどのイベントであった、と改めて実感しています。これほど優秀なデータ人材が集まるMeetupイベントは他に例を見ないと思っています。今回は会場提供、会社説明、および主催者の1名としての参加でしたが、今後はLTで登壇していきたいと考えています。

[立川]
様々なゆるい繋がりができて、とても良い機会でした。 私自身データ分析の悩みは会社によって様々だと考えていて、色々ネットで事例を調べても「全く同じようには適用できない」という事例は多いのではないかと考えています。そうなった時に、悩みを解決するのは「人」ではないかなと考えています。 壁にぶつかった時に「実はウチではこんな運用をしていて…」と相談できる人がいると、ステキじゃないですか?

今回の発表、Data Analystと言いながら実はコードの類がひとつも出てこないのです。「具体的に何をやったか」を洗いざらい、生々しく出しました。。 そんな発表に様々な共感の声をいただき、LT後の名刺交換でも「悩んだら相談します!」といった声をかけてもらえて、やってよかったと改めて思いました。 また「データ分析についての悩みを相談する場」といったものへのニーズは高いな、と改めて感じました。

引き続きこの会を含め「データ分析者が集い、悩みを解決し、よりよりデータ分析が進む」ように自分にできることを推進したいなと思いました。 是非ゆるく集いましょう!ご連絡お待ちしています!(笑)

おわりに

以上、簡単ではありますが、Data Analyst Meetup Tokyo vol.8の様子を紹介させていただきました。 データ分析界隈で第一線で活躍されている優秀な方々が集まるイベントですので、私個人として今後もサポートしてイベントを盛り上げていければと考えています。

最後にはなりますが、Data Analyst Meetup Tokyo運営メンバーの方々、今回は貴重な機会をいただき、誠にありがとうございました!

f:id:bizreach:20181128120637p:plain
運営の方々とビズリーチポーズ!


この記事をインタビューしたメンバー

荒木 和也/ Kazuya Araki


エンジニアとして受託開発企業、パッケージ開発企業を経験したのち、データアナリストとして2017年5月にビズリーチ入社。現在はデータ分析基盤の要件定義、企画、設計、運用のほか、Tableau、SQL、Python、GCPなど、データ活用に関する社内コーチングを牽引している。


【祝】「新人賞」の受賞者を直撃!〜第2回〜

こんにちは!Reach One編集部の乾友香です。
2回に分けてお届けする「新人賞」の受賞者インタビュー。第1回は、さらなる高みを目指し、チャレンジを続けるお二人の受賞の喜びを取材しました。みなさまはもう記事をお読みになったでしょうか?

reachone.bizreach.co.jp

第2回となる今回は、同賞を受賞された白濱順哉さんと堀上健斗さんを直撃!

プロダクトの品質向上に大きく貢献されたクールなエンジニアの白濱さんと、新たなリクルーター組織をつくりあげ、採用活動全体の生産性向上を実現した情熱的な採用担当の堀上さん。性格も志向性も異なる入社3年目の同期二人が考えていたこととは…!?

※「新人賞」とは?
年2回(2月・8月)にビズリーチウェイを体現し、事業貢献した入社3年目までの新卒社員に対し、これまでの成果・活躍を称えて授与するもの。

f:id:bizreach:20181126201049p:plain

左:白濱 順哉 / Junya Shirahama
1990年生まれ、福岡県出身。九州大学大学院 総合理工学府卒業。2016年4月に新卒でビズリーチに入社以来、エンジニアとして活躍する。趣味は読書。最近は新人賞の副賞でもらった「サイエンス大図鑑【コンパクト版】」を愛読。

右:堀上 健斗 / Kento Horikami
1991年生まれ、兵庫県出身。京都大学大学院 農学研究科卒業。2016年4月に新卒でビズリーチに入社。大手企業の新規開拓を担当後、人事部に異動。エンジニア・デザイナーの採用担当として活躍。現在はプロダクトマネージャーとして従事。趣味は、動物と戯れること。最近は、土日にプログラミングの勉強をしている。

「意外な(?)受賞」と「堂々の受賞」

―まずは受賞、おめでとうございます!率直なお気持ちを聞かせてください。

白濱:僕はビックリしました。まさか受賞できるとは、という感じでしたね。

堀上:ひょっとしたら受賞できるかなと思っていました(笑)。

―正反対の反応!(笑)なぜそう思ったのでしょう?

白濱:僕が評価していただいた点は、プロダクトの品質向上に貢献したことなのですが、これはいわば裏方の役割です。直接ユーザーとやりとりをしたり、新しい機能を開発したり、という花形の仕事ではなく「気づいたらサイトが使いやすくなっている」という微細なレベルのものをコツコツやっていく仕事なんです。そんな僕らの仕事にスポットライトを当てていただき、受賞に繋がったことはとても嬉しいですね。でもやっぱり、驚きが大きいかもしれません。

堀上:今回は100名以上の社員の協力があり、たくさんの人を巻き込んで、プロジェクトを成功させることができたので、とにかくやりきった実感がありました。名前を呼ばれたときは、ホッとしました(笑)。

f:id:bizreach:20181126201120p:plain

堀上:僕が手掛けたのは、僕がいなくてもスムーズに採用活動ができるようなリクルーター組織を作ることでした。この1年間で、経営陣やマネージャーを含め、100人以上の社内の人たちを巻き込みました。自分でもやりきったなと思えていたので、そういう意味で受賞できるかもと思っていました(笑)。 ただ、僕が携わったのは経営陣との合意形成、採用基準や現場での採用フローを作成するなどのオペレーティブな部分で、あくまでも"仕組み"づくりです。それを関係者のみなさんが実際に運用してくれたことに、価値があると思っています。それにこの仕組みは、リクルーターや面接官など、新卒採用に関わる全てのみなさんの力がなければ作れませんでした。本当に、感謝してもしきれません!

―お二人の努力がこの賞に繋がったこと、私も嬉しく思います!
ところで、この賞をもらうまでの道中、大変だったことや、それを乗り越えたエピソードなどはありますか?

白濱:僕はわりと何事もフラットな気持ちで取り組めるタイプで…。特別大きな壁にぶつかったわけではないのですが、日々のモチベーション管理が重要だと感じましたね。たとえば、業務のなかでプロダクトの欠損を直すような作業があります。コードの推測からはじめたり、すぐに直らないバグもあったりと、なかなか根気がいる作業なんです。そんな風に仕事をしていると、正直、長い道のりだなぁと思ってしまうこともあって(笑)。

堀上:たしかに必要なこととはいえ、それは大変だね。

白濱:そこで緩やかにモチベーションが下がっている時期がありました。でも、託された仕事は全うしたい。そこで、仕事そのもののモチベーションを瞬時に上げるのは難しくても、そのような仕事も自分の中で「ゲーム化」してしまえば楽しみながら取り組めるのではないかと、考えるようになりました。いかにスムーズに仕事を終わらせられるか?と順序を組み立てたり、自分の中でゴールを設定し、そこに向かって仕事をさばいていくようなイメージです。その結果、今では楽しみながら仕事ができていますね。

―なるほど。地道な仕事だからこそ、モチベーションのコントロールはとても重要になってきますね。

白濱:そうなんです。モチベーションをコントロールしたことで仕事が楽しくなり、さらに結果的に思いがけず評価してもらえて。たとえ地味な仕事であっても重要な仕事だと会社に認めてもらった気がして、さらにやる気になりましたね。

―自ら打開策を見つける姿勢、素晴らしいです。堀上さんはどうでしょうか?

堀上:採用を任されているというやりがいがある反面、しっかりと結果を出したい気持ちが強く、自分で自分を追いこむことがありました。内向きになってしまい結果的に辛くなるときもあったんですけどね。特に、2018年の前半は先輩社員の部署異動などもあり、変化する環境の中で自分自身と闘わなければならず、必死でしたね。
そんなとき、デザイナー部門の飲み会に参加したことがあったんです。そこで、デザイン部のマネージャーに「堀上くんのおかげで、一緒に働きたいと思う人財を採用できている」「プロダクト側には、堀上くんに感謝しているひとがたくさんいると思うよ」と、自分が知らないところで感謝されていることを初めて知ったんです。頑張っていて良かった!って嬉しくて、思わず泣いちゃいましたね(笑)。この言葉で僕は、内向きであったことにはっと気付かされたと同時に、自分の仕事である採用が組織を作っていることを実感できました。「ああ、採用やっていてよかったな」って。少し救われた気がします。

f:id:bizreach:20181126201145p:plain

―堀上さんが周りに与えた影響は大きかったんですね!

それぞれの挑戦がスタート

―お二人がビズリーチに入社したきっかけは何だったのでしょう?

堀上:僕はもともと「教育」に興味があり、義務教育を変えたいと思っていました。
そのきっかけは、進学でのミスマッチでした。生物が好きだった僕は、京都大学の大学院に進むことを選びましたが、研究に熱意を持てませんでした。選択というものをわかっていなかったんですよね。生物を研究対象にしたいというより、「生物のファン」に過ぎなかったんです。
このようなミスマッチは、他の人には起こってほしくない。そのためには、義務教育を受けている段階から将来の選択肢を知る機会や、自分のことを深く理解する時間が必要だと思いました。そうすれば大学選択や就活といった選択の場でミスマッチする人が少なくなる。
ただ、教育の現場を変えるには、まず教育そのものというより、その先の社会が「将来の選択肢が豊富にあって、かつ、会社依存ではなく、キャリアが自分事になっている社会」になっていなければならないと考えたんです。
ダイレクトリクルーティングによって雇用の流動化を推進するビズリーチだったら、そんな世の中を実現できるかもしれないと思って、入社を決めました。あと、事業のグロースや社会貢献を考えるビジネスサイドと、ITをいかに活用するかというプロダクトサイドの両方を一社で学べるというチャンスに溢れる会社だったというのも大きいです。

―なるほど。はじまりは「教育」だったんですね。白濱さんはどうでしょうか?

白濱:これからの時代は、IT技術を使いこなすことで発展していくと思っていたため、就活時はIT系のベンチャー企業を中心に探していました。そんなとき、代表の南さんのトップライブが福岡で行われたことをきっかけにビズリーチの存在を知り、選考を受けてみることにしました。最初はビジネス職で選考を受けたのですが、途中で取締役の多田さんから「君はエンジニアに向いていそう」と言われ、エンジニア職として採用してもらったんです。新卒でも一人ひとりの適性を見て判断してもらえたのが嬉しかったですし、たとえエンジニア職を打診されなかったとしても、個人的にプログラミングの勉強をしようと思っていたので、運命を感じました (笑) 。

f:id:bizreach:20181126201203p:plain

―最初からエンジニア志望ではなかったんですね!

堀上:実は僕はエンジニア志望だったんですよ。学生時代にエストニアとフィンランドへ旅行したんです。エストニアは世界一の電子国家、フィンランドは教育×ITの先進国として有名なので、この目で確かめたいと思いました。実際に行ってみて、IT化や自動化が想像よりはるかに進んでいるのを目の当たりにし、ITの力を活用したい!エンジニアになりたい!と思いました。ただ、ビジネス観点を持ちたい気持ちもあったので、まずはビジネス職採用となり、大手企業向けの新規営業を経験しました。
それから、去年の8月に人事部の新卒ビジネス職の採用チームに異動し、成果が出始めた頃に改めて自分のキャリアについて考え、「ビジネスとずっと学びたかったITのどちらの観点も生かせるところで活躍したい。そうすることで僕が実現したい世界観に近づける」と思い、プロダクトマネージャーを志望したんです。そして8月からビズリーチ事業部のプロダクトマネージャーを担当しています。入社から2年4ヶ月ほどで、プロダクトサイドに来ることができました。こうやって、きちんと成果を上げていれば、僕たちの「やりたい!」という声を吸い上げてくれるのが、ビズリーチの良いところだと思います。

白濱:僕自身もエンジニア職のなかで、運用側から開発側へと部署を移っています。僕らのように、部署を何度か異動する社員は多いですね。

堀上:会社自体の成長スピードが速いため、ポジションがどんどん生まれていくことも理由のひとつかもしれません。選考を受けたときの社員数は300人台だったのに、入社時には600人ほどになっていて、今では1,000人を超えていますもんね。いろんなポジションで経験を積める可能性があるのは、本当にありがたいです。

新人賞の受賞を経て、次のステップへ

―現在、入社3年目のお二人。ビズリーチに入社して良かった点を教えてください!

白濱:エンジニアになれたことはもちろんですが、「生産性」の概念を身につけられたことは、大きいです。学生時代の僕は、時間や効率を意識せずに漠然と物事をこなすタイプでしたが、ビズリーチではやらなければいけない仕事が常に目の前にある。インプット量・時間の投下量をいかに減らせるか、という考え方を身につけられたのは、ビズリーチのおかげですね。この概念は、プライベートにも活かされています。

f:id:bizreach:20181126201217p:plain

堀上:うーん!僕はいっぱいあって、言い切れないですね。一緒に働く人たちも大好きですし。 特にビズリーチはお互いを受容するカルチャーが強く根付いています。僕は高く理想を持つタイプで大きな夢を語ることが多いのですが、それを受け入れて背中を押してくれるのはすごく嬉しいですね。また、大きな夢を語り、失敗をしながらも野心をもってそれを叶えてきた先輩たちもいますので、そういう方々と一緒に働けたり、またワザを盗める環境であることも大きな魅力です。

―今後、目標としていることはありますか?

堀上:せっかくプロダクトマネージャーというポジションを任せてもらえたので、自社の新卒採用にも積極的にTech要素を入れ込みたいです。わかる人が見ればちゃんと技術をやっている会社とわかるにもかかわらず、採用の場でそれが伝わっていないのはもったいないです。だから、社会の課題を技術とデザインの力で解決している会社としてもっと認知されるよう、テックブランディングには力を入れていきたいですね。 また、10年15年先の長期的な目標としては、ビズリーチに教育事業を入れ込みたいと考えています。自分自身に起こった教育のミスマッチ、これを無くすことが自分の夢でもあるので、採用と雇用の両方を持つ事業の強みを、より一層活かして実現していきたいと思います。

白濱:今僕が担当しているのは、1あるものを10にするなど、既存のプロダクトの運用がメインなので、いずれは、0を1にするように、モノを生み出せるようになりたいです。パソコンひとつでモノを生み出せることがエンジニアの魅力ですから、この力をもっと磨いていきたいですね。将来の自分がどうありたいかを常に考えながら、自分が良いと思う方向へ進んでいきたいですね。

f:id:bizreach:20181126201229p:plain

―最初は正反対に見えたお二人でしたが、仕事への情熱や想いの強さは共通していました。ビズリーチの次代を引っ張るご活躍に期待しています!ありがとうございました!


この記事をインタビューしたメンバー

乾 友香/ Yuka Inui


新卒で銀行に入行し、その後人材紹介会社でキャリアアドバイザーとして勤務。2018年にビズリーチに入社。現在は人事本部の採用マーケティング室にて採用に関わるコミュニケーション設計や、Reach Oneの編集を担当。特技は歌モノマネ。


2018年新卒研修を公開!vol.3 ~『仮配属ローテーション』のリアル | 新卒メンバー対談編~

こんにちは!2018年新卒入社の七星(ななほし)です。
10月31日に配信いたしました『2018年新卒研修を公開!vol.2 ~『仮配属ローテーション』のリアル|プログラム・企画編~』に引きつづき、執筆を担当しています。

reachone.bizreach.co.jp

reachone.bizreach.co.jp

前回の記事では、新卒研修の全体プログラムから始まり、全体研修後に行われたビジネス職の職能別研修である『仮配属ローテーション』を企画側の視点でお届けしました。 今回は、『仮配属ローテーション』をテーマに行った、2018年新卒入社者4名による対談をお届けします!

『仮配属ローテーション』とは

ビジネス職の新卒社員が5~6名でチームになり、前回ご紹介した8つの部門に1~2週間ずつ、『仮配属』として配属される研修体制です。座学だけではなく、3か月間『仮配属』として現場に出ます。

では、実際『仮配属ローテーション』という研修を受けた新卒は、その経験を通じてどういったことを考え、学んでいたのでしょうか? 今回は、新卒である私から同期たちに、つまり新卒だけの空間でインタビューしてきました!

2018年度新卒入社者4名によるリアルな声

f:id:bizreach:20181119114936p:plain

【プロフィール】
左より(敬称略):
村上 将教 / Masanori Murakami
1994年生まれ、兵庫県出身。大阪大学 外国語学部卒業。2018年4月に新卒入社。8月より人事本部の人財採用部に配属。現在は関西オフィスで、新卒採用担当として採用活動に従事。

川邉 瑶子 / Yoko Kawabe
1995年生まれ、大分県出身。早稲田大学 教育学部卒業。2018年4月に新卒入社。8月よりビズリーチ事業部カスタマーマーケティング部に配属。現在はアクティベーションチームにてCRMに従事。

菊地 さよ子 / Sayoko Kikuchi
1995年生まれ、東京都出身。早稲田大学 国際教養学部学部卒業。2018年4月に新卒入社。8月よりビズリーチ事業部に配属。現在はダイレクトリクルーティングのコンサルタントとして企業の採用コンサルティングに従事。

潮田 昂士 / Koshi Shiota
1995年生まれ、京都府出身。九州大学 経済学部卒業。2018年4月に新卒入社。8月よりHRMOS(ハーモス)採用管理事業部に配属。現在はビジネス開発職としてセールスに従事。

想像とは違った研修体制

―まずは、みんな、職能別研修が『仮配属ローテーション』って聞いた時、どう思った?
当時の意気込みや、率直な気持ちを聞かせてください!

潮田:「手厚い研修だな、という印象だった。最初から現場に入って、その場で学んでいくのだと思っていた。そういう心構えで入社してきたから、”3か月間、いろんな部署を回りましょう。そのなかで1~2週間かけていろんなこと学んできてください。”というのは、手厚いと感じたよ。でも正直言って、3ヶ月もあるなんてビックリした(笑)。1か月くらいだと思ってたから。」

川邉:「確かに、6月くらいには本配属なのかなと思ってたから、ドキドキする気持ちは長かったね。」

菊地:「私はすごく楽しみだったよ。そんなたくさん部門回れるなんで、すごく贅沢!ってテンション上がった。」

川邉:「たくさんの事業部を回るからこそ、チームで集まって各仮配属期間の目標立ててたよね。『そのサービスや事業部を、自分の言葉で伝えられるようになる!』とか。」

菊地:「それに加えて個人的な目標もたてたよね。私は、8月にどこに本配属されても動き出せるようになろうと思ってた。動き出せるっていうのは、いきなり成績をだせる、というわけではなく、事業の価値を理解し、お客様のニーズを深く考えられるようになろうって。それと、私は配属されたい部署が明確じゃなかったから、どこに配属されても動き出せようにって目標を置いた。」

f:id:bizreach:20181119145016p:plain

―実際、『仮配属ローテーション』を終えてみて、研修はどうだった?

村上:「すごく恵まれた研修だった。だからこそもっといろんな部署を回りたいと思ってしまった(笑)。」

川邉:「それぞれ仮配属された部署のことについて同期のみんなで情報交換したり、会話が増えたのは良かったよね。結局その流れが今の雰囲気にもつながっていると思う。ばったり会ったらお互いの仕事の話をするし、仮配属のおかげで他部署の同期も何をしているのか想像がつくから話しやすい。」

潮田:「単純なことなんだけど、僕は実際行ってみないとわからないことがあるんだなって思ったよ。今HRMOS(ハーモス)採用管理事業部配属なんだけど、実は仮配属でHRMOSに行って、初めてHRMOSに行きたいなって思うようになったんだよね。仮配属を通していろんな部署に行く中で、HRMOSのセールスは、マルチプロダクトセラーを目指していて、それをメンバーから事業部長まで率先して取り組んでいる事業部だって思った。やっぱり普段その部署がどんな姿を目指していて、実際どうなのかを目の当たりにできたのは自分にとって大きかったなと思う。」

f:id:bizreach:20181119145454p:plain

本配属後に感じる、研修の成果

―どんな研修ももちろん活かせるとは思うんだけど、『仮配属ローテーション』だったからこそ、本配属先で活きているなと感じる瞬間はどんな時?

菊地:「私は営業だから、仮配属でいろんな事業部を見てきたおかげで、対峙しているお客様の経営課題を解決できる最適なソリューションは何なのかを考えられるようになったよ。自分が担当しているサービスだけでなくて、本当にお客様が必要としているサービスは何なのかなって。具体的な話をすると、採用管理に課題を持っているお客様には、採用そのものに有効なビズリーチよりも採用業務の生産性向上を助けるHRMOSが必要かもしれない、と思えた。ビジネスマーケティング部の仮配属でHRMOSのマーケティング施策を考えた経験があったからこそ、そう思えたんだとおもう。仮配属での経験は貴重だね。」

村上:「僕は今、新卒採用を担当しているから、候補者の方からいろんな事業の質問を受けるんだけど、自分の言葉で事業を説明できるのは仮配属ローテーションのおかげだと思う。座学で終わらず、実践を通して学んでいるから、自分が関わった事業部のことを根拠をもって語ることができる。」

川邉:「今、私はカスタマーマーケティング部で個人のお客様と関わる部署にいるけれど、仮配属で法人側の部署の動きや注力ポイントを、実際に現場で見てきたからこその視点が持ててよかったなと感じる場面はあるかな。 あと、カスタマーサービス(CS)本部に仮配属した経験はすごく大きかったな。個人のお客様と直接コミュニケーションをとっている部署ではどんなことを行っているのかを知ったのは、すごく今に活きている。」

菊地:「確かにCS本部は、本当に配属されてよかったよね。自分の耳で個人のお客様の声をきいたからこそ、法人のお客様にお伝えできることがある。1週間という短い間ではあったけれど、CS本部での経験があったから、営業にいる今でも個人のお客様の声の大切さを実感できるし、もっと聞きたいと思う。」

f:id:bizreach:20181119145914j:plain

終えてみて感じる、『仮配属ローテーション』の狙い

―『仮配属ローテーション』でいろんなことを学んだわけだけど、本配属された今、改めて研修を振り返ってみてどう感じる?

川邉:「会社でいろんな人と話す機会が増えた!実際いろんな部署に仮配属されたからこそ、本配属後の業務やこれからの会社生活が円滑になったと思う。」

菊地:「確かに、それはすごくあるね。私はその部署にいる人を知って、会社のことをより一層好きになった。」

潮田:「僕は、どこかの部署に配属される前に、会社全体をみる経験を積むことで会社や各事業のフェーズ、人、を知ることができた。『仮配属ローテーション』って研修期間が長い新卒の特権だよね。」

―最後に…入社して、研修して、実際ビズリーチへの印象の変化とかってあった?

潮田:「もともと業務というより、ミッションに惹かれて入ってきているからギャップはあまりなかったかも。見ている世界観や経営陣のメッセージは変わってないし、その理想の姿への道筋が入社してからはより明確になったかな。」

村上:「僕は風通しの良さを感じる。誰が言ったかより、何を言ったかをきちんとみてくれるなって。社員数は1,000人を超えているので、新卒にそこまで自由度はなく、発言できる機会も少ないのかなと思っていたから、そこは良いギャップかな。」

川邉:「自分次第で、いろんなことに挑戦できる環境ではあるね。あとは、事業部ごとに結果、雰囲気が違うのは面白いところだよね。」

菊地:「確かに、フロアごとにカラーがあるなって、思う。でも事業部は違っても、直接お話してみると、ビズリーチの人だなって感じる。見ている世界は一緒で、アウトプットするもの、表現の仕方が少し違うだけで目指しているミッション・ビジョンが同じだから、ビズリーチらしさっていうものがあるんだなって思う。」

―まだまだビズリーチの知らない面もありそうだけど、これからのビズリーチを私たちが創っていけるといいよね。今日はこれでインタビュー終了です!ありがとうございました!

みなさん、2018年新卒へのインタビューはいかがでしたでしょうか?
ビズリーチについて、ビズリーチの新卒について、少しでも知って興味をもってもらえたら嬉しいです。
新卒はもちろん、会社としても挑戦だったこの『仮配属ローテーション』。感じたことを率直に発信できる環境があったからこそ、新卒も一緒になって良い研修を作ることができたと感じています。そして、『仮配属』ではありますが、8部門も経験したことがあるのは、われわれ2018年新卒オリジナリティーだと思います。この経験を少しずつ発揮しながら、頑張っていきたいです!

ここまでお読みいただき、どうもありがとうございました!


この記事を書いたメンバー

七星 朱音/ Akane Nanahoshi


1995年生まれ、東京都出身。上智大学文学部卒業。2018年4月に新卒5期生としてビズリーチに入社。4カ月間の研修を経て、8月より広報室に配属。現在は、コーポレートと複数事業のPRを担当。


ビズリーチCMの新バージョンができました!撮影の舞台裏をインタビュー

こんにちは、Reach One編集部の乾友香です!
2018年11月17日(土)より、ビズリーチの新テレビCM「ビズリーチから来た男編」が放映されています!みなさまはもうご覧になったでしょうか?

www.youtube.com

今回は新CMのポイントをご紹介します。

新CMのポイント

・半年以上の月日をかけて動いていたCMプロジェクト。
・シチュエーションは、「経営会議でのプレゼンテーション」。
・ピクトアニメを使うなど、新たな表現にも挑戦。

今回はこの新CM制作の裏側を知るべく、プロジェクトの中心メンバーとして、企画・制作に携わった古田晶子さんにインタビューをしました!

f:id:bizreach:20181119103031j:plain
ストーリー・衣装・撮影場所など、CM制作に関わる情報がぎっしり書かれた資料

ビズリーチ事業部の古田晶子さんをインタビュー!

f:id:bizreach:20181119103341j:plain

【プロフィール】
古田 晶子 / Akiko Furuta
地方県議会議員団アシスタント、大手旅行代理店の営業事務などを経て、2015年5月にビズリーチへ入社。ビズリーチ事業本部への配属後は、マーケティング、メディア戦略と、幅広いポジションを経験。現在はデザイン戦略推進室でプロジェクト・マネジメントとブランド戦略をメインに担当している。

―エージェンシーとビズリーチの間に立ち、新CM制作のプロセスを整える立場だったという古田さん。もともとCM制作に携わった経験があったのでしょうか?

いえ、まったくありませんでした(笑)。ただ、ビズリーチではウェブコンテンツの企画や交通広告の制作などを担当していたので、そこで培った「人がたくさん関わる現場でトラブルなくプロジェクトを進める」という経験も生かせたのだと思います。

―なるほど。ところで、今回なぜ新CMを作ることになったのでしょう?

初めてのCMは2016年に放映され、2年後にビズリーチの認知度が「10倍」にアップするという、大きなプロモーション効果を生みました。
しかし「ビズリーチ」の認知度が広がった現在でも、ビズリーチが具体的にはどんな会社で、どんなサービスを提供しているのか、あまり知らない…という方も少なくありません。そこで、ビズリーチサービスをより詳しく知っていただく「興味喚起」を目的に新CMを作ることになりました。

―前作の人事目線でのストーリーから、今作はエグゼクティブを意識した「事業部長」が新たに加わり、雰囲気もガラッと変わっていますよね。

そうなんです。今回の設定が「経営会議でのプレゼンテーション」なので、落ち着いた雰囲気を出すために照明にこだわったり、ピクトアニメを使ってサービス内容を明確に伝えられるようにしたりと、工夫しました。配役や構成(年齢層・男女比・人数)についても、エージェンシーを通じて細かくすり合わせを行いました。

―こだわりを出すために、企画にも時間をかけたんじゃないですか?

このプロジェクトが立ち上がったのは3月です。当初、私はお客様と日々向き合っている多くのコンサルタントからヒアリングを行い、課題を特定することに時間をかけました。その後、企画の打ち合わせなどを何度も重ね、プロジェクト立ち上げからはあっという間の半年でした。

f:id:bizreach:20181119103955j:plain
撮影の合間も制作チームの皆さんと打合せ。真剣な空気が伝わってきます

―半年以上ほどかけて動いていたプロジェクトだったとは…!制作の過程でビズリーチらしさを感じた瞬間はありましたか?

制作にあたり、どういうポイントがあれば企業のご担当者様に刺さるのかをビズリーチの営業担当にヒアリングしました。すると「こんなストーリーはどうですか?」「ここはもっとこうしたほうが、使用感が伝わると思います」「時間帯はこっちのほうが人事ご担当者様や事業責任者様がご覧になっていると思います」など提案をしてくれました。
また印象的だったのは、新CMを放映するにあたり、資料やオンライン広告の変更など、膨大な量の社内対応が待ち受けていたときのことです。やることリストを前に「こりゃ、手が回らないぞ!」と頭を抱えていたところ、「◎◎はすでにチェック済みです」や「〇〇会社さんには連絡しておきました」など社内の方から言ってもらい、自主的に取り掛かってくれていました。
制作に携わらせていただき改めて、ビズリーチウェイにある「巻き込み、巻き込まれよう」精神が社内で浸透していると感じましたね。

f:id:bizreach:20181119104150j:plain
撮影中の様子。みんなでビズリーチポーズのタイミングを合わせたりと、猛特訓をしました!

―社内の協力体制があってのCM制作だったんですね。
古田さん、ありがとうございました!

最後に

裏側を知ってから見るCMは、また違った味わいがあるかもしれません。
まだCMを見たことがない方は、ぜひ一度ご覧ください!


この記事をインタビューしたメンバー

乾 友香/ Yuka Inui


新卒で銀行に入行し、その後人材紹介会社でキャリアアドバイザーとして勤務。2018年にビズリーチに入社。現在は人事本部の採用マーケティング室にて採用に関わるコミュニケーション設計や、Reach Oneの編集を担当。特技は歌モノマネ。


【20卒ウィンターインターン募集】2030年の経営戦略を構想せよ!?

こんにちは!人財採用部の森田です。
本日は12月、1月に開催予定の2020年新卒ウィンターインターンの紹介をさせていただきます!
未来の社会を想像し、そこで取るべき戦略を構想する、4日間のインターンの開催が決まりました。

今回のインターンは、今年のサマーインターンに参加した学生さんの企画をもとに実施します。
reachone.bizreach.co.jp

サマーインターンでとことん考えたのは、「ウィンターインターンに参加する学生が求めるものは何か」「将来の経営幹部候補はどんな学生か」。

ターゲット学生が求めるものとして、「社会に対して価値のある事業を創出したい」「そのために必要な力をつけるため、ビジネスプロフェッショナルからの厳しいフィードバックを受けたい」「自身にはない強みを持った多様な仲間が欲しい」などを想定しました。また、経営幹部候補については、「ビズリーチが今後ビジネスモデル・事業領域を多様化させていくという仮説のもと、事業ポートフォリオ全体をリードしていく人材」と定義。「全員が創業メンバー」というビズリーチのバリューに通じる人物像をイメージしました。

そんな熟考の末に生まれ、サマーインターンのメンバーが練り上げた今回の企画がこちら!

HACK OUR FUTURE

f:id:bizreach:20181129015711p:plain

今回のインターンのタイトルは
「HACK OUR FUTURE〜2030年未来戦略を経営・事業のキーパーソンと構想せよ〜」。

参加者の皆様には、ビズリーチの経営視点を体感していただきます。

魅力①社内で活躍する種々の社員から幅広い視点で意見が聞ける

ビズリーチは、様々な社会課題に対してテクノロジーの力で解決するサービスを創っており、質の高いサービスを生み出すために、すべての職能を社内に抱えて開発を行っています。
その魅力を感じていただくために、今回は経営陣だけでなく現場で活躍する多様なキーパーソンとの座談会の時間を設けることにしました。
セールス・マーケターだけでなくエンジニアやデザイナーなどから幅広く情報を得ながらビズリーチという会社を知ることでよりリアルに未来構想を描けるのではと思っております。

魅力②未来の社会に対しての圧倒的インプット

国や各社が出しているレポートなどから情報収集していただき、多角的に社会を捉えるためのインプットをしていただきます。
10年前の今、皆さんは2018年がこんな年だと想像していたでしょうか?変化の激しい時代に未来を見据えて、そして想像するという難題に取り組んでいただこうと思っています。
ビズリーチも10年前に創業して、たった9年で日本国内で稀に見る成長を遂げたベンチャー企業となりました。これまでの10年と、これからの10年を皆さんに存分に考えていただければと思っています。

魅力③代表の南壮一郎が考える「2030年のビズリーチ」についての講演

4日間、2030年の未来について構想した最後には南からの経営視点での講演の時間を設けております。
政府の会議に出席したり、世界経済フォーラム(ダボス会議)のヤンググローバルリーダーとして国際会議の場に出席したりと、世界の課題解決の最先端で活躍している南の視点を皆さんにも味わっていただければと思っております。

最後に

僕自身インターンの企画担当として、今回のテーマについて実際に取り組んでみたのですがとても難しいものでした。
未来の社会の知識・予測力 × ビジョンを描く力×ビズリーチへの理解
という非常に多面的な力が求められるテーマ。
4日間の中で今後皆さんが社会に出てからも必要とされるような力がつくこと間違いなしです。 このインターンを通じて、本気でこれからの社会を変えたいと思う学生さんにぜひお会いしたいです。

【こんな方からのチャレンジをお待ちしています!】
・経営や起業、事業づくりに興味がある方
・さまざまな職種のプロに話を聞いてみたい方
・社会課題の解決に携わっていきたい方
・未来の社会への予測力を身につけたい方

現在、説明選考会への応募を受け付けておりますので、奮ってご参加ください。

▼エントリーはこちら!

■選考フロー
【1】申込ページよりエントリー
【2】説明選考会
【3】面接 複数回
【4】インターン参加!

・東京開催:
【2020年卒対象】ウィンターインターンシップ会社説明会&選考会
・関西開催:
地方開催【2020年卒対象】ウィンターインターンシップ会社説明会&選考会



この記事を書いたメンバー

森田 大地 / Daichi Morita


大阪府出身。京都大学経済学部卒業。2017年4月新卒4期生としてビズリーチに入社。ビジネスマーケティング部でインサイドセールスを経験後、2017年10月から人財採用部にて新卒採用を担当。