Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

2019年度入社者の内定式を開催!未来のビズリーチを創る彼らの想いとは?

はじめまして!2018年新卒入社の柳澤です。人財採用部で新卒採用を担当しています。
先日、来年4月に入社されるみなさんの内定式が開催されました。

内定式で初めて同期に会う方も多く、式典が始まるまでは会場は少し緊張された方もいらっしゃったようでしたが、司会のアナウンスが始まるとすぐに雰囲気は和みました。 内定者のみなさんをお迎えするため、代表の南を始め経営陣・部長陣も出席しました。 f:id:bizreach:20181016162357j:plain
取締役の多田から開式の挨拶があった後、 内定者お一人お一人に、代表の南から内定証書を授与し、握手を交わしました。
f:id:bizreach:20181016163742j:plain

f:id:bizreach:20181016162703j:plain

内定者の代表スピーチ

式の中で、ビジネス職・エンジニア職・クリエイティブ職の各職種から一名ずつ、所信表明をいただきました。

ビジネス職の飯島さんからは、「変化を楽しみ、新しいことに果敢に挑戦するGame Changerであり続けたい」という宣言がありました。ご自身のオーストリアの留学経験の中で「分からないことは徹底的に質問する」「とにかく行動を起こすこと」で自分自身はおろか、環境すら変えることができると気づいたそうです。まずは先輩社員から学ぶことで自分の仕事の型を創り、そこから挑戦し続けることで、社会を変え得る「成長」という大きな変化にも出会いたいと伝えてくれました。 f:id:bizreach:20181016162808p:plain エンジニア職からは奥田さんが所信表明。「ビズリーチのサービスを通して、日本の働き方に風穴をあけたい」と語られました。「困難が起こったときは、ここにいる同期のみんなと愚直に一つ一つに向き合いたい」と同期のみなさんにも力強く働きかけてくれました。 f:id:bizreach:20181016162825p:plain デザイナー職の田頭さんは、「デザイナーのあり方を再定義したい」と決意表明。「美しいものを作る」がデザイナーの定義だと感じることが多かったそうですが、その定義にとらわれず、これからはデザインでビジネスにおいての課題を解決したいと語りました。ビズリーチであれば、社内でビジネス的な観点やエンジニアリングの知識が学べること・他職種と連携しながら本質的な課題解決をできる人になれることから、この想いを実現できるはずだ、と意気込みを伝えてくれました。 f:id:bizreach:20181016162856j:plain

懇親会

f:id:bizreach:20181016162937p:plain 最後には、内定者のみなさんの就職活動時からつながりのあった社員も交えて懇親会で盛り上がりました。

【参加者からの声】

「みんな熱い想いを持っていて、ものすごく刺激を受けました!」
「選考期間にお話した社員さんたちに抱いた『一緒に働きたい』という思いが湧くような同期達で、とてもモチベーションが上がっています!」
「改めてビズリーチを選んで良かったと思えた一日でした!」

新卒1年目、柳澤の一言

日々、ビズリーチはスピード感を持って挑戦しています。内定が決まっている今よりも実際に入社を迎える時の方が、できることの選択肢は増え、規模も大きくなっているので、内定者のみなさんにはより一層、入社を楽しみにしてもらいたいです。入社後も、想像以上の未来が待っています。私自身、1年前の内定式のときは人事をしているとは夢にも思っていませんでした。 来年から、一緒に歴史を創っていけることが楽しみです!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

そして私たちは引き続き、一緒に事業を創っていく仲間を探しています。

www.bizreach.co.jp

この記事を書いたメンバー

柳澤 未来 / Miki Yanagisawa


1995年生まれ西宮出身。神戸大学発達科学部卒業。学生時代はキャリア支援団体en-courageに所属し、学生とのキャリア面談やイベントの企画・運営に従事。2018年4月、ビズリーチにビジネス職として入社。現在は、新卒採用の関東エリアを担当。