Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

ビズリーチCMの新バージョンができました!撮影の舞台裏をインタビュー

こんにちは、Reach One編集部の乾友香です!
2018年11月17日(土)より、ビズリーチの新テレビCM「ビズリーチから来た男編」が放映されています!みなさまはもうご覧になったでしょうか?

www.youtube.com

今回は新CMのポイントをご紹介します。

新CMのポイント

・半年以上の月日をかけて動いていたCMプロジェクト。
・シチュエーションは、「経営会議でのプレゼンテーション」。
・ピクトアニメを使うなど、新たな表現にも挑戦。

今回はこの新CM制作の裏側を知るべく、プロジェクトの中心メンバーとして、企画・制作に携わった古田晶子さんにインタビューをしました!

f:id:bizreach:20181119103031j:plain
ストーリー・衣装・撮影場所など、CM制作に関わる情報がぎっしり書かれた資料

ビズリーチ事業部の古田晶子さんをインタビュー!

f:id:bizreach:20181119103341j:plain

【プロフィール】
古田 晶子 / Akiko Furuta
地方県議会議員団アシスタント、大手旅行代理店の営業事務などを経て、2015年5月にビズリーチへ入社。ビズリーチ事業本部への配属後は、マーケティング、メディア戦略と、幅広いポジションを経験。現在はデザイン戦略推進室でプロジェクト・マネジメントとブランド戦略をメインに担当している。

―エージェンシーとビズリーチの間に立ち、新CM制作のプロセスを整える立場だったという古田さん。もともとCM制作に携わった経験があったのでしょうか?

いえ、まったくありませんでした(笑)。ただ、ビズリーチではウェブコンテンツの企画や交通広告の制作などを担当していたので、そこで培った「人がたくさん関わる現場でトラブルなくプロジェクトを進める」という経験も生かせたのだと思います。

―なるほど。ところで、今回なぜ新CMを作ることになったのでしょう?

初めてのCMは2016年に放映され、2年後にビズリーチの認知度が「10倍」にアップするという、大きなプロモーション効果を生みました。
しかし「ビズリーチ」の認知度が広がった現在でも、ビズリーチが具体的にはどんな会社で、どんなサービスを提供しているのか、あまり知らない…という方も少なくありません。そこで、ビズリーチサービスをより詳しく知っていただく「興味喚起」を目的に新CMを作ることになりました。

―前作の人事目線でのストーリーから、今作はエグゼクティブを意識した「事業部長」が新たに加わり、雰囲気もガラッと変わっていますよね。

そうなんです。今回の設定が「経営会議でのプレゼンテーション」なので、落ち着いた雰囲気を出すために照明にこだわったり、ピクトアニメを使ってサービス内容を明確に伝えられるようにしたりと、工夫しました。配役や構成(年齢層・男女比・人数)についても、エージェンシーを通じて細かくすり合わせを行いました。

―こだわりを出すために、企画にも時間をかけたんじゃないですか?

このプロジェクトが立ち上がったのは3月です。当初、私はお客様と日々向き合っている多くのコンサルタントからヒアリングを行い、課題を特定することに時間をかけました。その後、企画の打ち合わせなどを何度も重ね、プロジェクト立ち上げからはあっという間の半年でした。

f:id:bizreach:20181119103955j:plain
撮影の合間も制作チームの皆さんと打合せ。真剣な空気が伝わってきます

―半年以上ほどかけて動いていたプロジェクトだったとは…!制作の過程でビズリーチらしさを感じた瞬間はありましたか?

制作にあたり、どういうポイントがあれば企業のご担当者様に刺さるのかをビズリーチの営業担当にヒアリングしました。すると「こんなストーリーはどうですか?」「ここはもっとこうしたほうが、使用感が伝わると思います」「時間帯はこっちのほうが人事ご担当者様や事業責任者様がご覧になっていると思います」など提案をしてくれました。
また印象的だったのは、新CMを放映するにあたり、資料やオンライン広告の変更など、膨大な量の社内対応が待ち受けていたときのことです。やることリストを前に「こりゃ、手が回らないぞ!」と頭を抱えていたところ、「◎◎はすでにチェック済みです」や「〇〇会社さんには連絡しておきました」など社内の方から言ってもらい、自主的に取り掛かってくれていました。
制作に携わらせていただき改めて、ビズリーチウェイにある「巻き込み、巻き込まれよう」精神が社内で浸透していると感じましたね。

f:id:bizreach:20181119104150j:plain
撮影中の様子。みんなでビズリーチポーズのタイミングを合わせたりと、猛特訓をしました!

―社内の協力体制があってのCM制作だったんですね。
古田さん、ありがとうございました!

最後に

裏側を知ってから見るCMは、また違った味わいがあるかもしれません。
まだCMを見たことがない方は、ぜひ一度ご覧ください!


この記事をインタビューしたメンバー

乾 友香/ Yuka Inui


新卒で銀行に入行し、その後人材紹介会社でキャリアアドバイザーとして勤務。2018年にビズリーチに入社。現在は人事本部の採用マーケティング室にて採用に関わるコミュニケーション設計や、Reach Oneの編集を担当。特技は歌モノマネ。