Reach One|株式会社ビズリーチ(BizReach)【企業公式ブログ】

株式会社ビズリーチの公式ブログ「Reach One(リーチワン)」です。 Reach Oneでは、ビズリーチのメンバーやプロジェクトの紹介、社内外のイベントレポートなどを通じて、「ビズリーチのイマとこれから」をお伝えします。

REACH ONE

ビズリーチのイマとこれから

キャリトレ初の事例発表型ユーザー会「わわわ!」を開催!

はじめまして、挑戦する20代のための転職サイト「キャリトレ」でマーケティングを担当している野村吉貴です。

「キャリトレ」では「キャリアをカチトレ」をメインメッセージとして掲げ、キャリアに前向きな20代の働き方の選択肢と可能性を広げるためにサービスを提供しています。

今までは求職者の方々に対するマーケティング活動(以下、Cマーケ)をお伝えする機会が多かったのですが、実はキャリトレを活用している人事の皆様に対するマーケティング活動(以下、Bマーケ)も並行して行っています。Bマーケでは、営業やカスタマーサクセス(以下、CS)と密に連携し、人事の皆様と一丸となって選択肢と可能性を広げるために取り組んでいます。

約40名の人事ご担当様者集結!

f:id:bizreach:20181219101928p:plain

今回、CSチームと一緒に、キャリトレをご活用いただいている人事ご担当者様をお招きしたユーザー会「わわわ!」を開催しました。この記事ではユーザー会の企画に込めた想い、当日の様子、そして人事ご担当者様の「採用にかける情熱」をお伝えしたいと思います。

なぜ人事ご担当者様を対象としたユーザー会を企画したのか 

キャリトレをご利用いただいている人事担当の皆様は「採用において、人事の動き方はとても重要だ」という共通認識を持たれています。一方で、その行動量や工夫には個人差があり、企業の魅力があっても上手く伝えきれず、採用に苦労されている人事ご担当者様がいらっしゃいます。そんな方々の課題を解決するため、採用成功企業の人事ご担当者様のノウハウや成功体験を聞ける情報交換の場を作りたい、さらには人事の皆様の交流の場としても活用していただきたいという想いから、この会を企画しました。

「わわわ!」に込めた想い

「わわわ!」の三つの「わ」には、下記のような想いを込めました。

・繋がりの「輪」:ユーザー会を通じて、人事同士のつながりを
・対「話」:懇親会を通じて、人事同士の対話を
・驚きの「ワッ!」:成功事例を通じて、人事に驚きを

そして、デザイナーチームと連携をし、このようなデザインにしました。

f:id:bizreach:20181219101954p:plain

さて、イベント当日です!

まず入り口で感謝の意味もこめてノベルティを渡しました。今回のノベルティは「コースター」です。

f:id:bizreach:20181219102027p:plain

当日参加していただいた皆様にも好評でした。

いよいよイベントが始まります。今回は、キャリトレで採用決定がでている企業の人事ご担当者様にお願いし、「キャリトレを使う上で工夫している点」について事例発表をしていただきました。 ご登壇いただいたのは、こちらの方々です。

株式会社メイプルシステムズ 鴛海 敬子 氏

ウォンテッドリー株式会社 小池 弾 氏 

株式会社マイナビ 岸 わか奈 氏

株式会社ビズリーチ 高山 藍

最初に登壇したのは、弊社の高山。「20代の若手優秀層の面談のコツ」をテーマに、「今の20代は昔と比べ、転職、留学、学びの機会などキャリアの選択肢が多い。だからこそ人事が候補者に寄り添う=キャリア相談に乗る必要がある。根本にある価値観を再認識してもらい、本人のWill・Can・Mustを接続してあげることが大事」と話しました。

f:id:bizreach:20181219102637j:plain

次に、メイプルシステムズの鴛海様から語られたのは、「採用ブランド確立の一歩として、当たり前のことを当たり前にやる大切さ」。 「求職者から来たメッセージやメールに対して、早い返信をすることは当たり前のようで、できている人事は意外と多くない。企業のことを知ってもらう上で、企業の魅力付けや採用広報を怠ってはいけない。また、採用広報をするうえでは万人受けを狙うのではなく、会社の良いところも悪いところも包み隠さずに見せることが大事」とお話しいただきました。

f:id:bizreach:20181219102724p:plain

続く、ウォンテッドリーの小池様からは「採用活動の仕組み化の重要性」について。「個々に依存する採用活動は会社の資産になっておらず、リスクがある状態だと考えている。だからこそ、誰もができるオペレーションを確立することで、採用を資産にすることが大切」ということをお伝えいただきました。

f:id:bizreach:20181219103221p:plain

最後に、マイナビの岸様。「各媒体の強み弱みを理解した媒体利用」と題して、「多くの法人がいろんな媒体を利用している中で、全て同じように使っていてはいけない。その媒体に集まる候補者の属性や志向を理解し、サービスの特性を活かし媒体の選定を行っており、キャリトレは難易度が高い職種を採用するために活用。その中で定量分析をもとにしたPDCAサイクルを回すことが重要だ」と語られました。

f:id:bizreach:20181219103257p:plain

その後、軽食をご用意して、交流会を行いました。 登壇者も参加し、参加者の皆様は各媒体の利用方法など聞かれていました。

f:id:bizreach:20181219103322p:plain

f:id:bizreach:20181219110259j:plain

f:id:bizreach:20181219103517j:plain

参加者の皆様からは、嬉しい感想をたくさんいただきました!

・キャリトレを使って採用成功するコツを知れたのがよかった
・同じサービスを使っていても、行動量などによって差が出ているのが面白かった
・自分たちの努力が足りないと気づけた
・もっと、キャリトレの使い方など具体的な事例を紹介してほしい
・次回以降も、業種や会社規模にわけて展開していってほしい

これからのキャリトレマーケの展望

今回、初めての人事ご担当者様のユーザー会ということもあり、自由なテーマでお話いただきましたが、次回以降は今回いただいた声を踏まえ、業種や会社規模別でのユーザー会を企画しています!


この記事を書いたメンバー

野村 吉貴/ Yoshitaka Nomura


広告代理店で法人営業、SEMの運用コンサルを経て2017年7月にビズリーチに入社。現在はキャリトレ事業部マーケティング部に所属し、全領域(求職者向け・採用担当者向け)の戦略立案に従事。趣味は漫画と筋トレ。