ReachOne

ビズリーチのイマとこれから

人生100年時代におけるキャリアの築き方 for WOMAN

こんにちは!人事企画部の小原です。
ゴールデンウイークの10連休が明けた5月8日、ビズリーチで働く女性社員を対象に「人生100年時代におけるキャリアの築き方」というセミナーを開催しました。

講師は「日本に"経営のプロ"を増やす」ことをミッションに掲げる、株式会社プロノバの代表取締役社長 岡島悦子さん。昨年も同じテーマでお話しいただき大好評でしたが、昨年に比べ100名以上女性社員も増えたこと、聞く人の年齢やライフイベント等のタイミングによって受け取り方が全く違うであろうということで、今回の開催に至りました。

reachone.bizreach.co.jp

なぜ今、「女性向け」セミナーを?

VUCAと呼ばれる、環境の変化が予測できない現代、変化し適応できる個人・組織であることが重要と言われています。ライフイベントがキャリアに直接関係する女性は、余計に迷い、不安になることも多いと思います。ビズリーチは「世の中の選択肢と可能性を広げていく」ことをミッションとしており、自組織でこれを体現したい。そこで一人の女性の先輩として私たちのずっと先を走っている岡島さんから、女性のキャリア開発や岡島さんのご経験を伺う機会を用意しました。

f:id:bizreach:20190528164924j:plain

講演の冒頭では代表の南が「企業の成長には多様な視点が必要で、その切り口の一つとして女性の視点が必要。だからこそ、女性が活躍している企業でありたい」と、このセミナーに込めた思いを述べました。

f:id:bizreach:20190517161604j:plain

キャリアに関するヒントがたくさんあったセミナー

まず岡島さんから最初に投げかけられたのは「幸せの判断軸はありますか?」「何歳まで働きますか?」という問い。
その問いが来た瞬間、参加者の多くが顔つきを変えました。「無意識にイメージしている"普通"に沿って、自分もそのイメージ通りに進んでいくのではないか」「人生100年時代と知ってはいるものの、あまりリアリティがない」と感じていたからなのかもしれません。

キャリアに対して漠然と不安を抱える人も少なくないはず。今回は「不安の正体」と「不安の解消法」についてお話しいただきました。その中でも、特に参加者の頷きが大きかった3つをご紹介します。

1つ目は「妙齢女性がかかりやすい10大疾病」
20代は目の前のことに取り組むのに精一杯。しかし妙齢になると、ふと「自分の5年後、10年後はどうなっているのだろう」と将来への不安がよぎります。
岡島さんが女性管理職を増やすためのワークショップを20,000人以上の女性たちと行なってきた中から見えてきた、女性の意識や特徴を「妙齢女性がかかりやすい10大疾病」として紹介してくださいました。

「管理職やらない?」とせっかく言ってもらっても「まだまだ無理です」と言う"出世嫌悪病"や、キャリアに対してどこかで楽観視していて、こんなに頑張っているんだからきっと白馬の王子様が現れるはず、と妄想を始める"白馬の王子待ち過ぎ病"など。
多くの女性社員が頷きながら、前のめりになって聞いていました。

2つ目は「自分のタグ(強み)探し」で自信を掴む
10大疾病にかかりやすい原因は自信のなさからきていることが多いので、自己効力感を高めるために、小さな強みを増やしていく必要があります。経営者層がプロジェクトメンバーのアサインをする際に、この仕事は誰が向いているのかを脳内検索していることが多いそうです。この脳内検索をされる時のキーワードをタグと呼びます。

タグは、小さな強みのことです。例えば、『中途採用支援』×『マネジメント業務』×『新規顧客開拓』×『ベンチャー企業』×『広報』×『…』といった具合に、掛け算をすることで希少性が増します。そしてタグを増やしていくことで自分に自信が持てるようになり、活躍するチャンスがもらえて疾患が防げます。

最後は「女性のキャリア開発」
多くの女性は、昇進と産休、そして復職後の異動と3つの変化が重なってしまうことがあります。3つも新しいことをやるのは難しい。だからこそ、前倒しのキャリア®︎開発が必要。自身の働き方を自由に選択できるよう、早めに仕事における自分の市場価値を高め、自信をつけておくこと。そのためには、キャリアの早めの時期に打席に立つこと、成長機会に挑戦していくことが重要なのです。

個人の成長をサポートする組織にしたい

参加した社員からは

・改めてキャリアや生き方を考える時間になり、心にあるもやもやの解決策を見つけられた気がする
・前倒しのキャリアにすべく、積極的にバッターボックスに立っていこうと思えた
・妙齢女性のかかりやすい10大疾病のうち、いくつも当てはまっていた
・後輩に同じような子がいたら、チャンスを渡すことができる人になりたいと思った

という感想が寄せられました。

f:id:bizreach:20190528165222j:plain

「なぜ多様な視点が必要なのか」「女性のキャリア形成とはどんなものか」とふんわりしていた部分が、今回の岡島さんのお話を腹に落ち、参加者にとっては改めて自身のキャリアについて考える機会になったと思います。私自身二回目の参加でしたが、同じテーマでもこんなに印象が変わるのかと驚きました。

これからもビズリーチは、社員個人の成長をサポートしていきます。
今回は女性に向けたセミナーでしたが、今後バリエーションを増やしていき、社員一人一人が働きがいをもって働くことができるきっかけづくりをしていきます。
岡島さん、ありがとうございました!


この記事を書いたメンバー

小原 誌緒里/ Shiori Obara


投資銀行・教育業界を経て、2017年3月にビズリーチにジョイン。挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」事業部にて採用コンサルタント、事業部付人事を担当。2018年8月より人事企画部に異動し、全社のキックオフや部活動制度など組織開発に従事。