ReachOne

ビズリーチのイマとこれから

全ては人事の成功のために。HR SUCCESS SUMMITを通じて私たちが届けたかった価値

こんにちは!HRMOS採用事業部マーケティング担当の折元です。

7月25日に、HR SUCCESS SUMMIT 2019を開催しました!

HR SUCCESS SUMMIT 2019 ダイジェスト映像はこちら www.youtube.com

f:id:bizreach:20190906163453p:plain

HR SUCCESS SUMMITとは、「ビズリーチ」「HRMOS採用」をご利用の企業様を対象としたイベントです。2018年から開催し、今年で2度目の開催。当日は600名を超える人事・採用担当者の皆様にお集まりいただき、基調講演、HR SUCCESS SUMMIT アワードを始め、様々なテーマでのパネルセッションが開かれました。

今回は、このHR SUCCESS SUMMITについて、イベント開催に込めた思いや、開催当日の様子をご紹介します。

テーマは、「企業に採用力を」

ビズリーチでは、会社全体として「ビズリーチ・ダイレクト」や「HRMOS採用」といったプロダクトを提供して終わりではなく、お客様にプロダクトを活用して採用成功していただくことをゴールとしています。 そして、お客様が採用成功するためには、お客様自身が採用力をつけることが重要だと考えており、日々のマーケティング活動においても、「いかにお客様の採用力を高め、採用成功にコミットできるか」を追求して企画・実行しています。今回のHR SUCCESS SUMMIT 2019においても、「企業に採用力を」をテーマとして掲げました。

イベント開催日から遡ること半年前にプロジェクトは発足。事業部を横断して企画、マーケ、デザイナーが一つのチームとなり、コンテンツの企画からクリエイティブに至るまでチームで取り組んでいきました。

採用担当者様の本質的な課題は何なのか

プロジェクトは、「採用力とは何なのか」「企業に採用力がある状態とはどのような状態か」を改めて考え直すことから始め、採用担当者様が採用成功するまでの道筋を描き、その中でぶつかりそうな課題を洗い出していきました。

近年は、採用や人事の領域をテーマにした新たな考え方や成功事例を発表する記事やイベントが増え人事担当者様の課題に対する解決事例を見つけやすくはなりつつあると思います。ただ新しい概念や他社での事例を知ることはできても、それを自社の施策として具体的に実行に移す際に多くのハードルがあるのではないか。この課題を解決するためには、採用における新しい考え方やトレンド についてただ「知る場」を作るのではなく、明日から自社の採用において「実行につながる場」を提供できればイベントとして価値があるのではないかと考えました。

また、普段お客様と接する中で、採用活動の学びの場が少ないこと、社内で相談できる相手がいないなどの悩みをよく耳にしていました。

そこで、

・参加者が最新の採用成功事例をキャッチアップできる
・自社の課題解決につながる学びが得られる
・同じ悩みを抱えるユーザー同士がつながり、継続的に課題を解決していく土台を作る

を本イベントの参加者への提供価値に定め、企画を進めていきました。

例えば、HR SUCCESS SUMMIT アワードの企画においてもこの点を意識しました。 一般的な表彰では先進的な取り組みを行なった企業様やご担当者様を表彰し讃えることがメインの目的になります。今回のアワードでは、ただ表彰するではなく、受賞した企業のご担当者様が自社の取り組みをプレゼンし、失敗を乗り越えた事例など他の参加者様の学びになるような事柄を積極的に共有いただきました。そうすることで、同じ悩みをすでに乗り越えられた方が社外にいるということを知ってもらい、また職場ですぐに生かせる知恵とノウハウが、手に入るのではないかと考えました。

イベント実行までの体制

ビズリーチでは、イベントのノベルティやwebサイトなどのクリエイティブはすべて社内のデザイナーが担当します。HR SUCCESS SUMMITでも、イベントの開催が決まった段階からデザイナーと一緒になって企画を進めました。ノベルティなどの物理的なデザインだけではなく、イベント当日までのストーリーも設計します。イベント告知のメールから始まり、招待状、webサイト、当日の演出まで一連のユーザーストーリーを設計した上で、一つずつデザインに落としていきました。

f:id:bizreach:20190906190157j:plain

f:id:bizreach:20190906163604p:plain

f:id:bizreach:20190906163553p:plain


開催当日。参加者・登壇者・運営の熱量のコラボレーション

そうして迎えた開催当日。

f:id:bizreach:20190906163702p:plain

f:id:bizreach:20190906163713p:plain

f:id:bizreach:20190906163732p:plain

f:id:bizreach:20190909130308j:plain

f:id:bizreach:20190906163743p:plain

当日は会場のキャパシティを超え、立ち見がでるほどでした。またtwitterでもハッシュタグをつけたtweetが参加者の皆様から投稿されました。ぜひこちらからも当日の様子をご確認ください。 #HRSS2019

また当日の参加者の声をアンケートより一部抜粋します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・『採用×データ活用』のパネルセッション、非常に興味深く拝聴しました。 特に、ソフトバンク社の担当者の方は採用担当ではなく、システムエンジニアのような役割を担っている方で、エンジニア目線からのデータ活用という切り口でのお話をされておりました。採用担当だけでは思い至らないポイントもあり、今後の参考とさせていただければと強く感じました。

・貴社担当者様のお引き合いの下、複数の採用担当者様とお話できたのは非常に有意義な時間でした。

次回はHR関連のメンバ複数人で参加したいと思います。

・アワード受賞プレゼンでは 実数値を用いて説明してくださり、各企業様の採用施策や方針についての理解が深まりました。ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加するユーザーの熱量と、登壇者の熱量、そして企画する私たちの熱量が高くなければ、このような場を作ることはできなかったのではないかなと思います。今回のHR SUCCESS SUMMIT 2019を通じて、ユーザーの採用成功が別のユーザーへと伝播していく、という理想に、一歩近づけたのではないかと思っています。

f:id:bizreach:20190906163755p:plain

HR SUCCESS SUMMIT2020の開催に向けて

今後も、人事担当者様の本質的な課題解決につながる機会を提供し続けることで、採用成功にコミットしていきます。 HRMOSチームではこういった施策を一緒に企画実行したい方を積極的に募集しています。ぜひ皆さまからのご応募をお待ちしています!

hrmos.co

この記事を書いたメンバー

折元 佳奈 / Kana Orimoto


金融機関での法人営業・ブライダル情報誌の広告営業を経て、2017年1月に株式会社ビズリーチに入社。HRMOS採用 カスタマーサクセス部の立ち上げののち、現在はHRMOS採用のマーケティングを担当。